初日14番イーグルも…松山英樹パッド不安で2アンダー

公開日: 更新日:

【全米オープン】初日

 米ツアー「AT&Tぺブルビーチ・プロアマ」の会場であり、ゴルフファンにお馴染みの舞台。午前組は気温が13度と寒く、セーターを着込んだ選手も多かったが、風は穏やかでグリーンを狙うショットもよく止まった。

 試合では初めてぺブルビーチでプレーする松山英樹(27)は午前8時24分スタート。2アンダーでホールアウトしたが、チャンスは多かっただけにもう少しスコアを伸ばしたかった。

 原因はやはりパッティングだった。インスタートの10番はグリーン左ラフからのアプローチをミス(クラブがボールの下をくぐる)してボギー。11番ですぐ取り返し、14番はピンまで36ヤードの第3打をピッチエンドランのアプローチ。グリーン上で3バウンドしたボールはエッジから21ヤードの位置に切られたカップに吸い込まれ、チップインイーグル。ギャラリーをわかせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  7. 7

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る