交流戦首位キープの立役者に ソフトB甲斐“打撃覚醒”の秘密

公開日: 更新日:

 8勝3敗2分けで交流戦首位に立つソフトバンク。ここまで12球団トップの防御率(2.88)をマークするなど、好調の要因は投手陣にありそうだ。それとは対照的に、野手は故障者続出。強打を誇った打線も、交流戦では打率.231(10位)とおとなしい。

 そんな中で気を吐いているのが甲斐拓也(26)だ。昨季は持ち前の強肩で日本シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止をマークし、「甲斐キャノン」が注目された。一方で打撃は低空飛行。昨季は打率.213、37打点、7本塁打だった。それが今季すでに昨季に並ぶ7本塁打を放っている。

 18日のヤクルト戦では4打数2安打。甲斐本人は「本塁打の数字は意識していない。僕は塁に出るのが仕事なので」と無関心を装うが、課題だったバッティングの見直しに着手したという。

「このオフからすべて変えてきた。大きく変えたのは、タイミングの取り方とボールの見方ですね。いろいろ考えながら、左足を少し(前に出して)オープンに開くことで、球の見方を変えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  10. 10

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

もっと見る