交流戦首位キープの立役者に ソフトB甲斐“打撃覚醒”の秘密

公開日: 更新日:

 8勝3敗2分けで交流戦首位に立つソフトバンク。ここまで12球団トップの防御率(2.88)をマークするなど、好調の要因は投手陣にありそうだ。それとは対照的に、野手は故障者続出。強打を誇った打線も、交流戦では打率.231(10位)とおとなしい。

 そんな中で気を吐いているのが甲斐拓也(26)だ。昨季は持ち前の強肩で日本シリーズ新記録となる6連続盗塁阻止をマークし、「甲斐キャノン」が注目された。一方で打撃は低空飛行。昨季は打率.213、37打点、7本塁打だった。それが今季すでに昨季に並ぶ7本塁打を放っている。

 18日のヤクルト戦では4打数2安打。甲斐本人は「本塁打の数字は意識していない。僕は塁に出るのが仕事なので」と無関心を装うが、課題だったバッティングの見直しに着手したという。

「このオフからすべて変えてきた。大きく変えたのは、タイミングの取り方とボールの見方ですね。いろいろ考えながら、左足を少し(前に出して)オープンに開くことで、球の見方を変えました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  2. 2

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  3. 3

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  4. 4

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  5. 5

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  6. 6

    令和元年も渦巻く欲望…夏の甲子園“ネット裏怪情報”

  7. 7

    元ワンギャル須之内美帆子さんがマレーシアに移住したワケ

  8. 8

    加藤浩次「スッキリ」3月に自主降板か MC後任に山里亮太説

  9. 9

    タレント松尾伴内さんの念願はNY生活 28歳の頃からの憧れ

  10. 10

    文春砲で改名を余儀なくされた元・羽生ゆずれないさんは今

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る