小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

日本S盗塁阻止6発6中 ソフトB甲斐「フットワーク」の秘密

公開日: 更新日:

 日本シリーズを制したソフトバンクの育成出身・甲斐拓也捕手が一躍、脚光を浴びた。広島の盗塁を6連続で阻止し、打率.143ながらシリーズMVPを獲得。捕手出身の私としても衝撃的だった。

 一番は捕球してからの速さだ。二塁送球タイムは約1.8秒。1.7秒台の時もある。プロの世界でも1.90~1.95秒で速いといわれる。他の捕手より0.1~0.2秒は速い。走者は0.1秒で50センチ、0.2秒で1メートルほど進む。かなり手前でアウトになるケースがあるのは、捕ってから速いため。さらに特筆すべきは、捕手から見てタッチがしやすい二塁ベース右側に、正確に送球できることである。

 私は捕手はもちろん、全ての野手に「送球の時は必ずボールの縫い目に指をかけろ」と指導している。縫い目に指をかけないで投げると、滑って高めに抜けてしまうことが多い。しかし、甲斐にはそれがない。指をかけているなら、限界に近い速さ。かけていないなら、なぜコントロールできるのか。どっちなのか本人に聞いてみたいものだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  8. 8

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  9. 9

    竹内結子さんと三浦春馬さんに「共通項」…心理学者が分析

  10. 10

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

もっと見る