井岡一翔が世界4階級制覇 負ければ即引退の開き直りが奏功

公開日: 更新日:

 陣営の作戦勝ちだった。WBO世界スーパーフライ級2位の井岡一翔(30)と同級1位のアストン・パリクテ(28=フィリピン)の一戦は、井岡が10RTKO勝ち。2017年4月以来、約2年2カ月ぶりの国内リングで日本人初の世界4階級制覇を達成した。

 相手は身長で4センチ(169・5センチ)、リーチも6センチ(175・5センチ)長いハードパンチャーだが、井岡陣営はパリクテが7R以降はスタミナ切れで動きが鈍くなることを読んでいた。その7Rの激しい攻撃をしのぎ、体力を消耗した相手を10Rの猛攻で倒した。

 17年末に電撃引退。同年5月に結婚した歌手の谷村奈南とは翌年11月にスピード離婚。太い絆で結ばれていたジムの会長である父とは不仲となり、昨年、新たなチームで現役復帰した。4階級制覇を狙った大晦日のドニー・ニエテス戦に1―2で判定負け。今回は背水の陣で臨んだ一戦だった。ボクシングに関する著書の多いノンフィクションライターの織田淳太郎氏がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

もっと見る