ドラ1候補の明大森下 “38年ぶり日本一”で契約金どこまで?

公開日: 更新日:

 あるベテランスカウトによれば、「ドラフト1位クラスの選手が大会で活躍したところで、その評価が変わるわけではない。大学、社会人の1位候補であれば即戦力として判断され、契約金1億円プラス出来高5000万円と相場が決まっている」という。

 例えば、明大の森下暢仁だ。17日の大学選手権決勝で佛教大から10奪三振で1失点完投。準々決勝の対東洋大戦に続く2試合連続完封は逃したものの、明大を38年ぶりの頂点に導き、今大会の最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を獲得した。今秋のドラフト1位候補というプロ側の評価自体は定まっているが、「九回になっても150キロの速球を投げるスタミナ、走者を出してから変化球を低めに集められる制球力などが改めて証明された。

 実戦向き、勝てる投手ということがわかっただけに、来年に勝負をかけたり、先発のコマ不足に悩む球団は、1位指名を大船渡の佐々木朗希や星稜の奥川恭伸らの高校生から即戦力投手の森下に乗り換えるかもしれない」とは前出のスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る