ドラ1候補の明大森下 “38年ぶり日本一”で契約金どこまで?

公開日: 更新日:

 あるベテランスカウトによれば、「ドラフト1位クラスの選手が大会で活躍したところで、その評価が変わるわけではない。大学、社会人の1位候補であれば即戦力として判断され、契約金1億円プラス出来高5000万円と相場が決まっている」という。

 例えば、明大の森下暢仁だ。17日の大学選手権決勝で佛教大から10奪三振で1失点完投。準々決勝の対東洋大戦に続く2試合連続完封は逃したものの、明大を38年ぶりの頂点に導き、今大会の最高殊勲選手賞と最優秀投手賞を獲得した。今秋のドラフト1位候補というプロ側の評価自体は定まっているが、「九回になっても150キロの速球を投げるスタミナ、走者を出してから変化球を低めに集められる制球力などが改めて証明された。

 実戦向き、勝てる投手ということがわかっただけに、来年に勝負をかけたり、先発のコマ不足に悩む球団は、1位指名を大船渡の佐々木朗希や星稜の奥川恭伸らの高校生から即戦力投手の森下に乗り換えるかもしれない」とは前出のスカウトだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    11点差の負け試合に野手登板 G原采配「最善策」の違和感

  7. 7

    巨人の快進撃を支える「神走塁」 地味ながら凄い3人の正体

  8. 8

    ドラマで描かれないシーン 古関裕而は無類の愛煙家だった

  9. 9

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  10. 10

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

もっと見る