小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

神奈川大会は横浜の甲子園確率が80% 対抗は東海大相模

公開日: 更新日:

「高校四天王」といわれるドラフト上位候補の153キロ左腕・及川擁する横浜。春の関東大会を制した東海大相模……。夏の神奈川大会の組み合わせ抽選会が今日8日に行われる。注目の大会を展望した。

 大本命は横浜だ。今春のセンバツに出場したものの、及川が明豊打線にKOされ、初戦で敗退。春の県大会は準決勝で桐光学園に敗れたが、横浜の実力が抜けている。

 エースの及川は生きた球と死んだ球がはっきりしていて安定感を欠くが、2人の2年生投手がいい。春の県大会で背番号1を背負った右腕・木下は、中学時代にシニアで全国制覇を経験。最速144キロでコントロールもいい。188センチの大型左腕・松本もMAX147キロと力がある。

 本来なら及川が先発して完投するのが望ましい。しかし、本調子に戻らないなら、両2年生が交互に先発し、及川を七回以降のリリーフに回すのも手。打線もまずまずで好投手からでも3点は取れる。厚い選手層から、夏の甲子園切符をつかむ確率は80%とみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  8. 8

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  9. 9

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る