巨人ブルペン再建の切り札 新外国人右腕デラロサの“古傷”

公開日: 更新日:

 巨人緊急補強! と一部メディアが報じた。

 セの首位に立ち、5年ぶりの交流戦Vも射程圏内とする一方、不安定なリリーフ陣に頭を悩ます原監督。そんなブルペン再建の切り札として白羽の矢を立てたのが、ダイヤモンドバックスのドミニカ共和国出身右腕、ルビー・デラロサ(30)だという。正式契約を結べば、実に9人目(育成選手を除く)の助っ人ということになる。

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

「2017年8月に2度目のトミー・ジョン手術を受け、今年2月に復帰したばかりですが、持ち味のスピードに衰えは見られません。今季のオープン戦のデータでは直球の平均球速が157.1キロをマーク。決め球のスライダーもよく、奪三振率の高いパワーピッチャーです。今季は3Aでの登板のみ。いずれもリリーフで18試合21回3分の2を投げ、防御率2.49と安定し、29三振を奪っています(日本時間21日現在)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民が恐れ、大メディアが無視する山本太郎の破壊力

  2. 2

    安倍首相「韓国叩き」大誤算…関連株下落で日本孤立の一途

  3. 3

    自閉症児が飛行機で一人旅…隣席の男性の親切に全米が共感

  4. 4

    脳腫瘍の男児への贈り物と知らず 盗んだ女2人組の涙の謝罪

  5. 5

    96年11.5差逆転された広島OB 巨人の独走止めるヒント伝授

  6. 6

    東北は依然苦戦…安倍首相「応援演説」激戦区は13勝14敗も

  7. 7

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  8. 8

    チーム内から不満噴出…日ハム栗山監督「長期政権」の弊害

  9. 9

    高年俸の根尾らに食事驕る 広島小園はハングリーが原動力

  10. 10

    東京五輪陸上「日本は世界の笑いモノに」元陸連幹部が警鐘

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る