巨人ブルペン再建の切り札 新外国人右腕デラロサの“古傷”

公開日: 更新日:

 巨人緊急補強! と一部メディアが報じた。

 セの首位に立ち、5年ぶりの交流戦Vも射程圏内とする一方、不安定なリリーフ陣に頭を悩ます原監督。そんなブルペン再建の切り札として白羽の矢を立てたのが、ダイヤモンドバックスのドミニカ共和国出身右腕、ルビー・デラロサ(30)だという。正式契約を結べば、実に9人目(育成選手を除く)の助っ人ということになる。

 メジャーリーグに詳しいスポーツライターの友成那智氏が言う。

「2017年8月に2度目のトミー・ジョン手術を受け、今年2月に復帰したばかりですが、持ち味のスピードに衰えは見られません。今季のオープン戦のデータでは直球の平均球速が157.1キロをマーク。決め球のスライダーもよく、奪三振率の高いパワーピッチャーです。今季は3Aでの登板のみ。いずれもリリーフで18試合21回3分の2を投げ、防御率2.49と安定し、29三振を奪っています(日本時間21日現在)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  6. 6

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  7. 7

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

もっと見る