両リーグトップ24S 楽天・松井裕樹を復活させた「男と女」

公開日: 更新日:

 守護神の座を奪い返した。

 昨季最下位ながら、パ・リーグで2位と奮闘する楽天。好調な打撃陣が牽引するが、投手ではこの男の存在も大きい。抑えを任されている松井裕樹(23)は今季、両リーグトップの24セーブ。交流戦でもトップの8セーブを挙げた。

 松井はプロ2年目の2015年から3年連続30セーブ以上を記録した。しかし、昨季は開幕から救援失敗が続き、守護神の座を剥奪されると、中継ぎ転向後も調子は上向かず、5セーブ11ホールドでシーズンを終えた。

 リベンジを誓ったオフは無休で自主トレ。昨年12月からはフォームを大胆にテコ入れした。松井本人が言う。

「右膝の伸展にリリースの瞬間を合わせるという動作を繰り返しました。ボールのリリースと同時に踏み出した右足を思い切り伸ばす。常に右足を意識して体重移動を考えています。今までこういう試みはやっていなかったけど、もう一段階しっかり(前足に)体重を乗せていこうと。12月に(自主トレで)キャッチボールしているとき、(トレーナーの)星(洋介)さんが『こう使ってみたら?』とポロッと言ったのを取り入れてみたんです。そうしたら、スムーズにリラックスした状態でパワーのあるボールを投げられたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    巨人は今年も大補強へ着々 即戦力投手逃しドラフト大誤算

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る