両リーグトップ24S 楽天・松井裕樹を復活させた「男と女」

公開日: 更新日:

 守護神の座を奪い返した。

 昨季最下位ながら、パ・リーグで2位と奮闘する楽天。好調な打撃陣が牽引するが、投手ではこの男の存在も大きい。抑えを任されている松井裕樹(23)は今季、両リーグトップの24セーブ。交流戦でもトップの8セーブを挙げた。

 松井はプロ2年目の2015年から3年連続30セーブ以上を記録した。しかし、昨季は開幕から救援失敗が続き、守護神の座を剥奪されると、中継ぎ転向後も調子は上向かず、5セーブ11ホールドでシーズンを終えた。

 リベンジを誓ったオフは無休で自主トレ。昨年12月からはフォームを大胆にテコ入れした。松井本人が言う。

「右膝の伸展にリリースの瞬間を合わせるという動作を繰り返しました。ボールのリリースと同時に踏み出した右足を思い切り伸ばす。常に右足を意識して体重移動を考えています。今までこういう試みはやっていなかったけど、もう一段階しっかり(前足に)体重を乗せていこうと。12月に(自主トレで)キャッチボールしているとき、(トレーナーの)星(洋介)さんが『こう使ってみたら?』とポロッと言ったのを取り入れてみたんです。そうしたら、スムーズにリラックスした状態でパワーのあるボールを投げられたんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る