ソフトB交流戦8度目V 工藤監督の采配ズバリで“一挙両得”

公開日: 更新日:

「勝利」と「育成」のバランスは、どの監督も頭を悩ませるもの。その2つを両立させた上で、2年ぶり8度目の交流戦優勝を手にしたのがソフトバンクだ。

 交流戦Vがかかった昨23日の巨人戦に、工藤監督は「1番・二塁」に福田秀平(30)を抜擢。ここ2試合、代打で満塁弾と適時打を打っているとはいえ、今は外野の控え選手だ。入団時は内野手といっても、プロ入り後、一軍で二塁を守ったのは2012年の1試合、昨季の3試合しかない。

 そんな不安をよそに、福田は初回、菅野KOの口火を切る先頭打者弾。七回にも中押しのソロを打つなど、4打数2安打2打点と起用に応えた。

 この日は右翼にグラシアル、左翼にデスパイネという、攻撃重視のオーダーだった。それでいて、中堅は打率1割台にあえぐレギュラーの上林誠知(23)のまま。普通なら上林の代わりに福田を慣れたポジションで使うべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  2. 2

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  3. 3

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  4. 4

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  5. 5

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  9. 9

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  10. 10

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る