ソフトB交流戦8度目V 工藤監督の采配ズバリで“一挙両得”

公開日: 更新日:

「勝利」と「育成」のバランスは、どの監督も頭を悩ませるもの。その2つを両立させた上で、2年ぶり8度目の交流戦優勝を手にしたのがソフトバンクだ。

 交流戦Vがかかった昨23日の巨人戦に、工藤監督は「1番・二塁」に福田秀平(30)を抜擢。ここ2試合、代打で満塁弾と適時打を打っているとはいえ、今は外野の控え選手だ。入団時は内野手といっても、プロ入り後、一軍で二塁を守ったのは2012年の1試合、昨季の3試合しかない。

 そんな不安をよそに、福田は初回、菅野KOの口火を切る先頭打者弾。七回にも中押しのソロを打つなど、4打数2安打2打点と起用に応えた。

 この日は右翼にグラシアル、左翼にデスパイネという、攻撃重視のオーダーだった。それでいて、中堅は打率1割台にあえぐレギュラーの上林誠知(23)のまま。普通なら上林の代わりに福田を慣れたポジションで使うべきだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る