ソフトB高橋純平2日で2勝 中南米で揉まれ“小鳥から鷹”に

公開日: 更新日:

 昨30日の日本ハム戦。前日にプロ初勝利を挙げたばかりのソフトバンク高橋純平(22)が2試合連続で勝利を挙げた。七回2死から登板し、外角直球で中田を見逃し三振に打ち取り、直後の逆転劇を呼び込んだ。

 最速150キロの直球を武器に、2015年ドラフトでは同年最多の3球団が1位指名した逸材も、昨季まで一軍登板は1度だけ。「昨季はフォームをコロコロ変え、球速は140キロ半ばまで落ちた。気が優しい半面、精神的な弱さがあった。転機は昨オフにプエルトリコの冬季リーグで武者修行をしてから。直球をボコボコに打たれ、最大の武器を磨きなおすことが大事だと悟った」(チーム関係者)

 その後、走り込みと筋トレで鍛え上げ、今季は最速154キロをマークするまでに成長。中南米で揉まれた小鳥は、鷹になって日本に帰ってきたということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  7. 7

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  8. 8

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  9. 9

    戸田恵梨香「東出昌大共演NG」に疑問 本人の意思なのか?

  10. 10

    石破茂氏はどこへ…悲愴の派閥会長辞任から立て直せるのか

もっと見る