交流戦で大苦戦 カープ打線沈黙と“勝負されない4番”が元凶

公開日: 更新日:

 首位とは思えない苦戦を強いられている。

 交流戦も終盤戦に差しかかる中、セ・リーグ首位の広島が最下位に沈んでいる。「パ高セ低」が通説とされるが、巨人(8勝4敗)とDeNA(6勝5敗1分け)はここまで勝ち越し。一方、広島は3勝7敗1分けと大きく負け越している。

 主な原因は沈黙する打撃だ。交流戦のチーム打率は12球団ワーストの.205。菊池涼は交流戦を苦手にしており、今季は11試合で打率.171。昨季も18試合で.167と結果が出ていない。野間にいたっては10試合で打率.108と大不振。12日にはスタメンから外れた。3番に座っていたバティスタも不調で、16日から7番に降格、5番に座っていた西川を3番に上げたが、その西川も11試合で.209と芳しくない。5番には交流戦で.294と調子のいい会沢が座った。


 中軸のバットが沈黙することで、マークが集中しているのが4番の鈴木誠也(24)だ。ここまでリーグ2位の53四球。交流戦では両リーグトップの12四球を選んでいる。選球眼の良さが前提にあるとはいえ、前後の打線が不甲斐ないがゆえに「勝負してもらえない」ことも多くなっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  7. 7

    東京都コロナ療養者が急増 最も深刻「ステージ4」に突入

  8. 8

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  9. 9

    【Q】悪性腫瘍で心が乱れる毎日、穏やかに過ごすには?

  10. 10

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

もっと見る