サニブラウン短距離2冠の快挙も リレーメンバー入り拒否か

公開日: 更新日:

「団体戦」には興味がないのか。

 先日の日本選手権短距離で2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(20)。世界選手権(9月27日開幕、カタール・ドーハ)では100メートルと200メートルの代表に選ばれ、400メートルリレーでも代表候補に入った。しかし、その前に行われるビッグイベントへの出場に関しては未定だ。

 北京、リオで銀メダルを取った日本の4×100メートルリレーチームは、昨年に引き続き、今月のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会(20、21日)に参戦する。日本陸連の土江寛裕五輪強化コーチは、バトンミスで予選敗退した5月の世界リレーの際、サニブラウンに出場を打診していることを明かしたが、今も「OK」の返事をもらっていないようだ。

 昨年の大会は英国が37秒61で優勝。日本チームは小池祐貴、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の4人で歴代7位の38秒09の時計で2位になった。来年の東京五輪では金メダルを狙う男子の400メートルリレー。陸連は100メートルで9秒97の日本記録を持つ最速スプリンターに、日本チームの一員としてリレーを経験させたい。金メダル30個を目標に掲げるJOC(日本オリンピック委員会)もメンバー入りを強く望んでいるはずだ。

 サニブラウンは今後、在籍するフロリダ大で課題修正やレベルアップのトレーニングを行うそうだが、ロンドン大会まで3週間を切った今も返事をしていないとすれば、その気がないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る