サニブラウン短距離2冠の快挙も リレーメンバー入り拒否か

公開日: 更新日:

「団体戦」には興味がないのか。

 先日の日本選手権短距離で2冠を達成したサニブラウン・ハキーム(20)。世界選手権(9月27日開幕、カタール・ドーハ)では100メートルと200メートルの代表に選ばれ、400メートルリレーでも代表候補に入った。しかし、その前に行われるビッグイベントへの出場に関しては未定だ。

 北京、リオで銀メダルを取った日本の4×100メートルリレーチームは、昨年に引き続き、今月のダイヤモンドリーグ・ロンドン大会(20、21日)に参戦する。日本陸連の土江寛裕五輪強化コーチは、バトンミスで予選敗退した5月の世界リレーの際、サニブラウンに出場を打診していることを明かしたが、今も「OK」の返事をもらっていないようだ。

 昨年の大会は英国が37秒61で優勝。日本チームは小池祐貴、飯塚翔太、桐生祥秀、ケンブリッジ飛鳥の4人で歴代7位の38秒09の時計で2位になった。来年の東京五輪では金メダルを狙う男子の400メートルリレー。陸連は100メートルで9秒97の日本記録を持つ最速スプリンターに、日本チームの一員としてリレーを経験させたい。金メダル30個を目標に掲げるJOC(日本オリンピック委員会)もメンバー入りを強く望んでいるはずだ。

 サニブラウンは今後、在籍するフロリダ大で課題修正やレベルアップのトレーニングを行うそうだが、ロンドン大会まで3週間を切った今も返事をしていないとすれば、その気がないのかもしれない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

    比嘉愛未「推しの王子様」視聴率4%台でも“沈没”しないジンクス

  2. 2
    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

    菜々緒は「TOKYO MER」が大きな転機に…“普通っぽさ”が演じられる強み

  3. 3
    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

    論文指導をラブホで…美術評論界トップの上智大教授が肉体関係をもった教え子から訴えられていた

  4. 4
    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

    鈴木杏樹「4000円ラブホ不倫」から1年半… 五十路のセクシー路線で本格再始動

  5. 5
    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

    眞子さまは一時金1億4000万円をもらうべき 小室圭さんの稼ぎと貯金だけではNY生活は続かない

もっと見る

  1. 6
    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

    再始動の槙原敬之は2度目逮捕時の“激太り&無精ひげ”からサッパリ 「クスリ断ち回復の証し」と元マトリ

  2. 7
    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

    小室圭さんは一度は「婚約辞退」を考えた 内定会見後のお食事会から“異変”が…

  3. 8
    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

    ハリウッドはアフガニスタンをどう描いてきたか?「ランボー3」でタリバンは味方だった

  4. 9
    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

    教員同士が男子生徒の裸動画を交換…自宅から児童ポルノ1万8000点発見の“世も末”

  5. 10
    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった

    前田敦子の泥酔騒動…話題の“個室合コン現場”は凄かった