サニブラウン 東京五輪決勝への“宿題”は「スタート&歩幅」

公開日: 更新日:

「まあ、何とも言えないタイムですね」

 陸上日本選手権男子100メートル決勝を10秒02(向かい風0・3メートル)の大会新記録で制したサニブラウン・ハキーム(20)がこう言った。

 一時、激しく降っていた雨もやみ、風もほとんどない中でレースは行われた。スタートこそ桐生祥秀(23)に後れを取ったが、中盤から後半にかけての加速力でトップに立つと、後続を引き離し先頭でゴール。2年ぶり2度目の優勝で世界選手権(9~10月・ドーハ)の代表に内定した。2着は桐生の10秒16。小池祐貴(24)は10秒19で3着だった。

「世界にはまだまだ化け物みたいな人が多い。今のままではダメだと思っている。この課題を持って帰り、練習して(世界選手権に)挑めればと思う」

 そう語ったサニブラウンが、現時点では日本選手の中で力が抜けていることはよくわかった。ならば、来年の東京五輪では、1932年ロス大会の吉岡隆徳(6位=10秒79)以来となる同種目のファイナリストになれるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  6. 6

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

もっと見る