サニブラウン 東京五輪決勝への“宿題”は「スタート&歩幅」

公開日: 更新日:

「まあ、何とも言えないタイムですね」

 陸上日本選手権男子100メートル決勝を10秒02(向かい風0・3メートル)の大会新記録で制したサニブラウン・ハキーム(20)がこう言った。

 一時、激しく降っていた雨もやみ、風もほとんどない中でレースは行われた。スタートこそ桐生祥秀(23)に後れを取ったが、中盤から後半にかけての加速力でトップに立つと、後続を引き離し先頭でゴール。2年ぶり2度目の優勝で世界選手権(9~10月・ドーハ)の代表に内定した。2着は桐生の10秒16。小池祐貴(24)は10秒19で3着だった。

「世界にはまだまだ化け物みたいな人が多い。今のままではダメだと思っている。この課題を持って帰り、練習して(世界選手権に)挑めればと思う」

 そう語ったサニブラウンが、現時点では日本選手の中で力が抜けていることはよくわかった。ならば、来年の東京五輪では、1932年ロス大会の吉岡隆徳(6位=10秒79)以来となる同種目のファイナリストになれるのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る