サニブラウンは“抜いた走り”でも9秒台スプリンターの片鱗

公開日: 更新日:

 全力でなくても実力差は歴然だ。

 陸上の世界選手権(9月27日開幕、ドーハ)の代表選考会を兼ねた日本選手権(福岡・博多の森陸上競技場)が開幕。男子100メートルは9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(20)が、準決勝2組で大会タイ記録の10秒05(追い風0.1メートル)で全体1位。28日(午後8時30分)に行われる決勝に進出した。

 予選はスタート前にセットの形が決まらないままピストルが鳴り、大きく出遅れ10秒30。準決勝も再び課題のスタートで遅れたが、「中盤からの加速が良く、後半はしっかり走れた」(サニブラウン)というように、2着(10秒20=全体3位)ケンブリッジ飛鳥(26)、3着(10秒21=同4位)多田修平(23)を大きく引き離してゴールした。

 決勝で日本勢初の9秒台対決が注目される桐生祥秀(23)は、準決勝1組に登場。10秒09(同2位)で1着の小池祐貴(24)に敗れ2位(10秒22=同5位)だった。こちらは前日本記録保持者の桐生より、小池のスピードある走りがスタンドを沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    竹内涼真“恋愛醜聞”で好感度ガタ落ち…ネットに罵詈雑言が

  3. 3

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  4. 4

    焦るトランプ…フロリダ州で負ければ米大統領選はアウト

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  7. 7

    脚本家・三谷幸喜さんが語る“シットコム”への新たな思い

  8. 8

    Gドラ1は投手捨て野手に…乗り換えた原監督の不安と不満

  9. 9

    巨人上位候補 天理大148km左腕・森浦&明石商・来田の実力

  10. 10

    NHK「あさイチ」ピンチ テレ朝に負け続け打ち切りも視野か

もっと見る