サニブラウンは“抜いた走り”でも9秒台スプリンターの片鱗

公開日: 更新日:

 全力でなくても実力差は歴然だ。

 陸上の世界選手権(9月27日開幕、ドーハ)の代表選考会を兼ねた日本選手権(福岡・博多の森陸上競技場)が開幕。男子100メートルは9秒97の日本記録保持者サニブラウン・ハキーム(20)が、準決勝2組で大会タイ記録の10秒05(追い風0.1メートル)で全体1位。28日(午後8時30分)に行われる決勝に進出した。

 予選はスタート前にセットの形が決まらないままピストルが鳴り、大きく出遅れ10秒30。準決勝も再び課題のスタートで遅れたが、「中盤からの加速が良く、後半はしっかり走れた」(サニブラウン)というように、2着(10秒20=全体3位)ケンブリッジ飛鳥(26)、3着(10秒21=同4位)多田修平(23)を大きく引き離してゴールした。

 決勝で日本勢初の9秒台対決が注目される桐生祥秀(23)は、準決勝1組に登場。10秒09(同2位)で1着の小池祐貴(24)に敗れ2位(10秒22=同5位)だった。こちらは前日本記録保持者の桐生より、小池のスピードある走りがスタンドを沸かせた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る