敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

公開日: 更新日:

 殊勲の汗が光った。

 横綱白鵬(34)が大相撲7月場所初日、阿炎を下して白星発進。「あわや」という内容ながら、落ち着いて気鋭の小結を下した。

 過去の対戦成績は白鵬の1敗。昨年5月場所ではリーチの長い阿炎の突き押しに苦杯をなめさせられた。この日も立ち合いで喉元にもろ手突きをくらうと、防戦一方。しかし、何度目かの突きが滑った阿炎は勢いのままつんのめり、白鵬との距離を縮めてしまった。

 こうなると形勢逆転。慌ててまわしを取りにくる阿炎を、白鵬が落ち着いてはたき込んだ。

 相撲巧者の白鵬の前では、ひとつのミスが命取りになる。それは間違いではないのだが、ある親方は「そのミスをさせたのは誰か、ということですよ」と、こう続ける。

「阿炎は馬力に優れる半面、相撲は雑。勝ち急いでしまった面はあるでしょう。でも、気になったのが白鵬の汗ですよ。白鵬は時間いっぱいになっても、胸元の汗は決してぬぐわない。せいぜい、顔や腹あたりを拭き取るくらいです。これには多くの力士が、『白鵬関への突きは汗で滑る』と口を揃えている。白鵬は突き押しの力士を苦手にしているから、あえて汗をそのままにしているのではないか。阿炎の突きも、ずるっと滑っていましたからね。本来、立ち合い前に汗を拭くのは常識だし、礼儀のはずですが……」

 そういえば、中継の解説を務めていた北の富士氏は立ち合い直前、ボソッと「白鵬、汗拭いたかな?」とつぶやいていた。

 ネットではぬるぬる滑ることから「ヌル鵬」の蔑称もある白鵬。ウナギのごとく掴みどころのない相撲で、賜杯を掴むつもりだろう。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

    ヒトラー政権さえやらなかったロシア軍の“蛮行”…世界最大級「種子バンク」破壊の深刻度

  2. 2
    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

    上島竜兵さんを番組で診察した医師が「うつの8割は首の治療で改善する」と語るワケ

  3. 3
    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

    欧米の脱ロシア依存制裁がジワリ効果…薄給の兵士に“賃上げ”できず士気が急低下

  4. 4
    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

    深田恭子が“深酒破局”報道後初めて公の場に…天性の女優は「不惑」の波をどう乗り越える

  5. 5
    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

    渋野日向子に染みついてしまったボギーゴルフ…同組の女王・稲見萌寧とは雲泥の差

もっと見る

  1. 6
    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

    「ちむどんどん」に「教育上良くない」の批判も…4630万円誤送金・24歳男になぞらえてプチ炎上!

  2. 7
    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

    虎投手陣ブチ切れ寸前!プロ野球記録「連続3失点以下」更新中も深刻貧打で接戦勝てず

  3. 8
    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

    あの国営放送が“プーチン戦争”批判を展開!ロシアでいま起こっていること

  4. 9
    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

    更迭説飛び交っていたロシア軍参謀総長は生きていた! 米軍制服組トップと電話会談

  5. 10
    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣

    “Uターン”はなわ再上京で「勝ち組」に…地方移住タレント成功の秘訣