敗れた阿炎も術中に?横綱白鵬は“ぬるぬる胸”が隠れた武器

公開日: 更新日:

 殊勲の汗が光った。

 横綱白鵬(34)が大相撲7月場所初日、阿炎を下して白星発進。「あわや」という内容ながら、落ち着いて気鋭の小結を下した。

 過去の対戦成績は白鵬の1敗。昨年5月場所ではリーチの長い阿炎の突き押しに苦杯をなめさせられた。この日も立ち合いで喉元にもろ手突きをくらうと、防戦一方。しかし、何度目かの突きが滑った阿炎は勢いのままつんのめり、白鵬との距離を縮めてしまった。

 こうなると形勢逆転。慌ててまわしを取りにくる阿炎を、白鵬が落ち着いてはたき込んだ。

 相撲巧者の白鵬の前では、ひとつのミスが命取りになる。それは間違いではないのだが、ある親方は「そのミスをさせたのは誰か、ということですよ」と、こう続ける。

「阿炎は馬力に優れる半面、相撲は雑。勝ち急いでしまった面はあるでしょう。でも、気になったのが白鵬の汗ですよ。白鵬は時間いっぱいになっても、胸元の汗は決してぬぐわない。せいぜい、顔や腹あたりを拭き取るくらいです。これには多くの力士が、『白鵬関への突きは汗で滑る』と口を揃えている。白鵬は突き押しの力士を苦手にしているから、あえて汗をそのままにしているのではないか。阿炎の突きも、ずるっと滑っていましたからね。本来、立ち合い前に汗を拭くのは常識だし、礼儀のはずですが……」

 そういえば、中継の解説を務めていた北の富士氏は立ち合い直前、ボソッと「白鵬、汗拭いたかな?」とつぶやいていた。

 ネットではぬるぬる滑ることから「ヌル鵬」の蔑称もある白鵬。ウナギのごとく掴みどころのない相撲で、賜杯を掴むつもりだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍自民は大誤算 首都圏は「最後の1議席」が大激戦に

  2. 2

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  3. 3

    TV局に「元SMAP使うな」ジャニーズ事務所“圧力”の裏の傲慢

  4. 4

    維新に5.7億円もの“セルフ領収書”疑惑 参院選直撃は必至

  5. 5

    宮川大輔が頓挫…24時間TVマラソンランナー選出のドタバタ

  6. 6

    ジャニー氏死去で数々の噂 KinKi“解散秒読み”報道は本当か

  7. 7

    まるで被害者ヅラ 昭恵夫人が応援演説で公選法違反のススメ

  8. 8

    メッキはがれ始めたコウキ ママ静香プロデュースが空回り

  9. 9

    錦織圭を輩出 盛田正明氏が私財投じ財団を立ち上げた深層

  10. 10

    石原さとみと剛力彩芽 IT社長との“愛の巣”で分かれた明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る