大関・貴景勝は欠席 “政治色強め”一門連合稽古の時代錯誤

公開日: 更新日:

 意味があるのかと言われたら、微妙なところだ。

 27日、カド番大関の貴景勝(22)が二所ノ関一門の連合稽古を欠席。まだ相撲は取れず、部屋での稽古に専念した。

 今では当たり前のように行われている連合稽古だが、一時期は行っていない一門もあった。そもそも、連合稽古とは何なのか。不参加だと何か不利益はあるのか。

 ある古株の親方は「正確な年数などは分からないが」と前置きして、こう話す。

「少なくとも、明治時代にはあった。昔の本場所は今と異なり、一門別対抗戦だったからね。結束もしやすく、他の一門に負けまいと必死になっていた。有名な話では、出羽海一門の『打倒双葉山』。立浪一門の双葉山を倒すため、早大出身で一門きっての頭脳派といわれた笠置山が中心になって、作戦を練っていた。安芸ノ海が双葉山の連勝を69で止めたのも、この対策のおかげといわれている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇場版「鬼滅の刃」公開 SNSの“負の側面”から広がった共感

  2. 2

    非ジャニオタも取り込んだSnow Man 初動90万枚突破の秘訣

  3. 3

    元祖ビジュアル系 ジュリーの化粧に賛否両論が巻き起こる

  4. 4

    今や芸能界をけん引「アラフィフ女性」パワーに男もかすむ

  5. 5

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  6. 6

    菅首相えげつない灰色“錬金術パーティー” 規正法に抵触か

  7. 7

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  8. 8

    堺雅人が育メンでやっと充実オフ「半沢直樹」の“役落とし”

  9. 9

    新庄剛志が「あんまり今お金ない」発言…では何を生業に?

  10. 10

    ソフトB周東が大暴れ 育成出身躍進の裏に身内仰天の厳しさ

もっと見る