大関・貴景勝は欠席 “政治色強め”一門連合稽古の時代錯誤

公開日: 更新日:

 意味があるのかと言われたら、微妙なところだ。

 27日、カド番大関の貴景勝(22)が二所ノ関一門の連合稽古を欠席。まだ相撲は取れず、部屋での稽古に専念した。

 今では当たり前のように行われている連合稽古だが、一時期は行っていない一門もあった。そもそも、連合稽古とは何なのか。不参加だと何か不利益はあるのか。

 ある古株の親方は「正確な年数などは分からないが」と前置きして、こう話す。

「少なくとも、明治時代にはあった。昔の本場所は今と異なり、一門別対抗戦だったからね。結束もしやすく、他の一門に負けまいと必死になっていた。有名な話では、出羽海一門の『打倒双葉山』。立浪一門の双葉山を倒すため、早大出身で一門きっての頭脳派といわれた笠置山が中心になって、作戦を練っていた。安芸ノ海が双葉山の連勝を69で止めたのも、この対策のおかげといわれている」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    2000万円の退職金が半分以下に減ってしまい家計が苦しい

  2. 2

    台風19号で断水 町の自衛隊給水支援に神奈川県が“待った”

  3. 3

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  4. 4

    大一番でスタメンの福岡堅樹にスコットランドは面食らった

  5. 5

    巨人ドラ2位候補で狙う149キロ即戦力“ノーノー左腕”の評価

  6. 6

    スコットランドにはショック…稲垣のトライが生まれた背景

  7. 7

    緊急放流の6ダムで事前放流せず 国交省・自治体に重大責任

  8. 8

    阪神CS出場も鳥谷は…寂しい終幕に球団と指揮官への不信感

  9. 9

    ドラフト一番人気 星稜・奥川を狙う阪神の“嫌われ方”

  10. 10

    セは来季も巨人の独り勝ち濃厚 ライバル5球団に好材料なし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る