鈴木規夫
著者のコラム一覧
鈴木規夫プロゴルファー

1951年10月21日生まれ、香川県出身。72年プロテスト合格、翌73年「ミズノ新人プロ」で初優勝を挙げた。ショットのキレ味が抜群で〝九州の若鷲〟と呼ばれ、74年から九州オープン5連覇を達成。76年にメジャー全英オープンに予選会から挑戦し、日本人プロとして初めて初日首位に立ち、10位フィニッシュ。日本ツアー16勝。日本ゴルフツアー機構(JGTO)の元理事で、トーナメントディレクターも歴任した。オハヨー乳業所属。

すべてのクラブでボールは必ず体の正面でとらえる

公開日: 更新日:
イラスト・渡辺隆司

 世界のトッププレーヤーでもスイングのフォームは微妙に違う。体とボールの間隔が違えばトップの位置も高くなったり低くなったり違ってくる。しかし、「トッププロでも一般アマチュアでも誰もが守らなければならないことが一つだけある」と鈴木規夫プロ(オハヨー乳業所属)は言う。

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    GoToトラベル再開で経済効果あり? 適当なことをいうなっ

  3. 3

    出場選手「ワクチン優先接種」実施なら五輪中止のトドメに

  4. 4

    台湾脱線事故で日本の鉄道関係者に衝撃が走ったワケ

  5. 5

    五輪警官宿舎で“48億円ドブ捨て” 第4波備え都民に開放を!

  6. 6

    フミヤ還暦目前で確執決着? チェッカーズ再結成の奇跡も

  7. 7

    落合博満さんにこっそり聞いた「守備のポジショニング」

  8. 8

    小池知事“数字”取れず…竹山が批判の動画も再生回数伸びず

  9. 9

    阪神ドラ1佐藤輝が心配 使い切れなければプロ野球界の損失

  10. 10

    株式会社TOKIO設立に隠された深い意味 復興を途切らせない

もっと見る