上位に韓国勢ズラリ…イ・ボミも復活気配で日本女子ピンチ

公開日: 更新日:

【資生堂 アネッサ レディスOP】2日目

 久々にリーダーボードの上位に韓国勢が並んだ。

 首位は10アンダーのぺ・ヒギョン(26)。8アンダーの2位タイは、イ・ミニョン(27)とキム・ハヌル(30)だ。

 今季は申ジエ(31)が3勝を挙げ、もっか賞金レースのトップに立つが、過去4度賞金女王になったアン・ソンジュ(31)は首の手術明けで本調子ではない(今大会は腰痛欠場)。その隙に「黄金世代」の渋野日向子(20)や原英莉花(20)、河本結(20)らがツアー初優勝を遂げたが、これからは韓国勢の巻き返しがありそうだ。

 日本ツアーで活躍した韓国勢の第1世代といえばツアー23勝(97、99年賞金ランク2位)の具玉姫(故人)だが、彼女の全盛時は日本選手との優勝争いの時にはギャラリーから心ないヤジが飛ぶなど、気持ちよくプレーできる環境ではなかった。具のかなり下の世代の李知姫(40)が08年に古閑美保と賞金女王争いをして僅差で負けたときも、ある韓国選手は“イジメ”を気にして「女王にならなくてよかった」と漏らしていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る