上位に韓国勢ズラリ…イ・ボミも復活気配で日本女子ピンチ

公開日: 更新日:

【資生堂 アネッサ レディスOP】2日目

 久々にリーダーボードの上位に韓国勢が並んだ。

 首位は10アンダーのぺ・ヒギョン(26)。8アンダーの2位タイは、イ・ミニョン(27)とキム・ハヌル(30)だ。

 今季は申ジエ(31)が3勝を挙げ、もっか賞金レースのトップに立つが、過去4度賞金女王になったアン・ソンジュ(31)は首の手術明けで本調子ではない(今大会は腰痛欠場)。その隙に「黄金世代」の渋野日向子(20)や原英莉花(20)、河本結(20)らがツアー初優勝を遂げたが、これからは韓国勢の巻き返しがありそうだ。

 日本ツアーで活躍した韓国勢の第1世代といえばツアー23勝(97、99年賞金ランク2位)の具玉姫(故人)だが、彼女の全盛時は日本選手との優勝争いの時にはギャラリーから心ないヤジが飛ぶなど、気持ちよくプレーできる環境ではなかった。具のかなり下の世代の李知姫(40)が08年に古閑美保と賞金女王争いをして僅差で負けたときも、ある韓国選手は“イジメ”を気にして「女王にならなくてよかった」と漏らしていたほどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪徳マルチ元会長逮捕で安倍前首相が国会で“球拾い”する日

  2. 2

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  3. 3

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  4. 4

    「集団就職」の真偽を問いただすと口調が興奮気味に一変

  5. 5

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  6. 6

    宝くじ億万長者の2人…同じ数字の組み合わせを20年間継続

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    <前>菅首相も舌を巻く…自分ファースト小池知事の粛清人事

  9. 9

    “お騒がせ女王” 華原朋美「事務所クビ」の真相と問題行動

  10. 10

    テレ朝がすがる沢口靖子 米倉失速で“新・ドラマの女王”に

もっと見る