羽川豊
著者のコラム一覧
羽川豊プロゴルファー

1957年栃木県出身。79年日本学生ゴルフ選手権優勝。翌80年にプロテストに合格すると、ルーキーイヤーの81年は日本オープン、日本シリーズに優勝。同年代の湯原信光、倉本昌弘とともに「ニューウェーブ三羽烏」と呼ばれた。82年にはメジャーのマスターズから招待され、初出場で15位。「世界最強レフティー」と絶賛された。現在はシニアツアーでプレー。テレビ解説者としても活躍している。

松山が今季5度目のトップ10入り 全英OPに向け弾みになる

公開日: 更新日:
一時期の硬さが取れた松山のパッティングスタイル(C)ロイター/USA TODAY Sports

 先週の米ツアー新規大会「3Mオープン」は、松山英樹に2年ぶりの優勝チャンスが訪れました。

 最終日はトップと2打差の13アンダー6位タイの好位置からスタートです。スコアが大きく伸びるコース設定に、一時17アンダーに6選手が並び、2ストローク差に14…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    伊藤沙莉は“性格の悪い女が似合う女優”脇役での受賞は異例

  7. 7

    野手登板に巨人OB賛否分裂 原“傲慢采配”を呼んだ真の問題

  8. 8

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  9. 9

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  10. 10

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

もっと見る