原監督高笑い 巨人に9.5差独走折り返し許す虎鯉の体たらく

公開日: 更新日:

 巨人が10日、前半戦最終戦で今季3度目の阪神戦3タテを決めた。敵地・甲子園でも2度目の同一カード3連勝。貯金を17として前半戦を終えた。セ・リーグで貯金があるのは巨人だけ。2位に9.5ゲーム差をつけて折り返すのは29年ぶりである。

 独走態勢を築いた巨人の原辰徳監督(60)は、笑いが止まらない。なにせ相手が勝手にコケてくれる。この日もそうだった。

 4点リードの六回、今村が先頭打者の糸井に右前打を浴びた。が、右翼手の亀井が意表を突いて一塁に送球。オーバーランしていた糸井は完全に不意を突かれ、タッチアウトとなった。「あ~」という甲子園のため息が、凡ミスぶりを表していた。

 そもそもこのチームは巨人に勝つ気があるのか。初戦は12安打を放ち、六回を除く全ての回でスコアリングポジションに走者を進めながら、得点は3。今季ワーストの16残塁の大拙攻はベンチの責任である。牽制悪送球あり、バント失敗ありとミスのオンパレード。阪神の矢野監督は「めちゃめちゃ悔しい」と言ったが、2戦目も巨人の5本を上回る7安打を放ちながら、好機であと1本が出ずに無得点。初戦と同じように1点差で敗れた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  7. 7

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  8. 8

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る