4番岡本がプロ初犠打…巨人・原監督“鬼采配”に評価と反論

公開日: 更新日:

 満員の甲子園がどよめいた。

 9日の阪神戦。1点リードの九回無死一、二塁で、巨人の4番・岡本和真(23)が小野の初球を一塁線へ送りバント。プロ5年目で初の犠打を成功させたが、巨人は1死二、三塁のチャンスを生かせず、無得点に終わった。1035打席目で初めての犠打を決めた岡本は「阿部さんだってあれだけ凄い打者なのにバントしている。緊張した」と言えば、原辰徳監督(60)は「ゲームを勝ちにいくという部分で最善策。巨人ではそんなに不思議ではない」と涼しい顔だった。

■坂本、丸、そしてついに…

 今季3度目の就任を果たした原監督は、開幕カードで坂本勇に2年ぶりとなる犠打のサインを出した。5日のDeNA戦では丸にも犠打を指示。2球失敗した後の3ランで帳消しとなったが、ここぞの場面では大黒柱の2人でさえ例外はない、と開幕から示してはきた。自身も4番打者だった原監督。「聖域」と言う「第89代」岡本は例外かと思いきや、そうではなかった。巨人はこの日も勝って同率2位の阪神、DeNAとのゲーム差を8・5にまで広げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  3. 3

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  4. 4

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    三浦春馬さん、芦名星さん急死…共通点は酒量と「いい人」

  9. 9

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  10. 10

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

もっと見る