4番岡本がプロ初犠打…巨人・原監督“鬼采配”に評価と反論

公開日: 更新日:

 満員の甲子園がどよめいた。

 9日の阪神戦。1点リードの九回無死一、二塁で、巨人の4番・岡本和真(23)が小野の初球を一塁線へ送りバント。プロ5年目で初の犠打を成功させたが、巨人は1死二、三塁のチャンスを生かせず、無得点に終わった。1035打席目で初めての犠打を決めた岡本は「阿部さんだってあれだけ凄い打者なのにバントしている。緊張した」と言えば、原辰徳監督(60)は「ゲームを勝ちにいくという部分で最善策。巨人ではそんなに不思議ではない」と涼しい顔だった。

■坂本、丸、そしてついに…

 今季3度目の就任を果たした原監督は、開幕カードで坂本勇に2年ぶりとなる犠打のサインを出した。5日のDeNA戦では丸にも犠打を指示。2球失敗した後の3ランで帳消しとなったが、ここぞの場面では大黒柱の2人でさえ例外はない、と開幕から示してはきた。自身も4番打者だった原監督。「聖域」と言う「第89代」岡本は例外かと思いきや、そうではなかった。巨人はこの日も勝って同率2位の阪神、DeNAとのゲーム差を8・5にまで広げた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る