ヤクルト村上宗隆の素顔とは 本人と関係者の証言から探る

公開日: 更新日:

 オールスター(12日東京ドーム、13日甲子園)で10代では史上初めて、三塁手部門でファン投票で選出された村上宗隆(19=ヤクルト)。12日は、本塁打競争と試合に出場。吉田正尚オリックス)相手に本塁打競争は敗れたが、看板直撃の特大弾を連発してファンを喜ばせた。試合は「8番・一塁」でスタメン出場し、4打数無安打も、「楽しかった。本塁打競争で何とか打ててよかった。試合中、いろんな方と話せたので、何かのきっかけになれば」と前を見据えた。そんな村上の「正体」を本人と関係者の証言から探った。

■昭和の子ども

「技術はもちろん、性格的にも1年からやれると思いました」

 夏の甲子園で1年生を3番に起用した、九州学院の坂井宏安監督がこう振り返る。

「ウチは上下関係はないですが、先輩の中にも物おじせずスッと入る。試合中は私の横にきて、味方に声を出し、『ここはきちんと送りましょう』と平気で言ってくる(笑い)。『ムネ、おまえが監督みたいやな』と言ったら、アタマをかきながら『へへへ』です。今はベンチで必ず小川監督の目の前に座ってますけど、当時はバス移動の時も、運転する私のすぐ後ろに座って会話をした。それで何かを吸収しようとしているんでしょう。かといって空気を読んでゴマをすることはしない。嫌みがなく、可愛げのあるガキ大将。昭和の時代にいたような雰囲気がある。この性格は天性のものだと思います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  2. 2

    小池知事 いよいよ「五輪撤収、責任回避モード」に突入か

  3. 3

    アスリートがワクチンに殺される…副反応で体調不良が続出

  4. 4

    維新梅村議員に文通費流用疑惑 公設秘書は殺人未遂で逮捕

  5. 5

    “ぼったくり男爵”バッハ氏来日で組織委警戒の帰れコール!

  6. 6

    パ混乱の“日ハムクラスター”…球団や栗山監督に不信感増幅

  7. 7

    危機あおる小池都知事 “五輪返上”ブチ上げ国政進出画策か

  8. 8

    川口春奈「着飾る恋」8年前の“汚名返上”に関係者ヒヤヒヤ

  9. 9

    世界が「五輪中止せよ!」の大合唱 菅政権ゴリ押しの異様

  10. 10

    巨人にリリーフ強化のトレード情報 防御率ガタ落ち大慌て

もっと見る