フレッシュ球宴“高卒BIG4”再会で根尾が感じた「プロの壁」

公開日: 更新日:

 昨11日に行われたフレッシュ球宴(楽天生命パーク)で、昨年のドラフトで1位指名された「高卒BIG4」が再会した。

 イ軍の先発を務めた日本ハム吉田輝星(金足農)は1イニングをオール直球勝負で臨み、プロ最速の149キロをマーク。先頭の広島小園海斗(報徳学園)に一発を浴びて苦笑いを浮かべたが、中日根尾昂(大阪桐蔭)に対しては3球三振。中堅を守ったロッテ藤原恭大(同)は3度の守備機会で吉田を援護。最終回には二盗、三盗を決めた。

 試合前には4人揃って取材に応じた。笑顔を交えて雑談を交わすなど、仲の良さをうかがわせた。

 吉田が「久しぶりに会えてうれしかった。野球を通してもっと仲が深まれば」と話したように、4人は昨夏の甲子園に出場、U18では同じ釜の飯を食った間柄。お互いがお互いのニュースをチェックしたり、ときに連絡を取ることもあるそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

もっと見る