虎指揮官が固執 リーグ最多失策でも“4番大山”で共倒れ危機

公開日: 更新日:

 84試合を消化して球宴休みに入っていた阪神。DeNAと並んで2位タイにいるが、問題は打線だ。3連敗を喫した8日からの巨人戦も、ここぞという時に適時打が出なかった。一発で劣勢ムードを変えられる本塁打も期待できない。そんなチームの4番に座っているのが、3年目の大山だ。

 ある阪神OBが言う。「甲子園は左打者に不利な浜風が吹く。矢野監督が右の大砲を育てたいのはわかる。大山はスタンドに運ぶ力はあっても、4番のヘッドスピードではない。バットは遠回りする、いわゆるドアスイングで甘いコースしか長打にできない。星野、岡田監督時代に活躍(2003年首位打者、05年29本塁打)した今岡(真訪=現ロッテコーチ)のように、肘を畳んで内角をさばけない。穴が多く、メンタルも強くない。広島時代に本塁打王(05年)になった新井(貴浩)でさえ、阪神では4番の重圧に苦しんだ。器ではない4番ではなく、6番ぐらいで伸び伸び打たせた方が数字を残すはずです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る