松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

球宴で悪ふざけ プロなら「わざと」がバレないプレーを見せろ

公開日: 更新日:

 プロ野球のオールスターを見なくなったのは、選手の悪ふざけが見ちゃいられないレベルになったから。6年ほど前、大阪桐蔭出身の選手同士で、わざと死球乱闘を演じて見せようとしたのサ。投手がゆる~いボールを内角に投げて、打者がわざとよけて、マウンドに詰め寄るんだが、投手も打者も、ずっとヘラヘラ笑ってんだ。

 わざとですから、とバラしといてわざとやってみせるって、おまえらそれでもプロか? あざとい演技を、「すんばらしいプレーでした!」とファンが熱狂すると思うかバカタレ!

 乱闘するなら外野まで血相変えて追い掛け、追いついたら強烈なパンチを繰り出す、腕を掴んでオカダ・カズチカ顔負けのレインメーカーでぶちのめし、押さえ込んでスリーカウント、起き上がって両者健闘をたたえ合ってお互いの手を高々と上げるとか、工夫はいくらでもあろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  3. 3

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    立川談志は「講談の時代がくる」と予言した

  6. 6

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  7. 7

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  8. 8

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    菅政権「100%やる」断言 携帯料金引き下げへ“強権恫喝”

もっと見る