松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

球宴で悪ふざけ プロなら「わざと」がバレないプレーを見せろ

公開日: 更新日:

 プロ野球のオールスターを見なくなったのは、選手の悪ふざけが見ちゃいられないレベルになったから。6年ほど前、大阪桐蔭出身の選手同士で、わざと死球乱闘を演じて見せようとしたのサ。投手がゆる~いボールを内角に投げて、打者がわざとよけて、マウンドに詰め寄るんだが、投手も打者も、ずっとヘラヘラ笑ってんだ。

 わざとですから、とバラしといてわざとやってみせるって、おまえらそれでもプロか? あざとい演技を、「すんばらしいプレーでした!」とファンが熱狂すると思うかバカタレ!

 乱闘するなら外野まで血相変えて追い掛け、追いついたら強烈なパンチを繰り出す、腕を掴んでオカダ・カズチカ顔負けのレインメーカーでぶちのめし、押さえ込んでスリーカウント、起き上がって両者健闘をたたえ合ってお互いの手を高々と上げるとか、工夫はいくらでもあろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  3. 3

    前田敦子「同窓会呼ばれず」で露呈 元AKB新旧エースの明暗

  4. 4

    アベ“断韓”外交で早くも始まった経済損失に日本企業が悲鳴

  5. 5

    さんまもサジ投げた?宮迫博之“なんちゃって懺悔録”の軽薄

  6. 6

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

  9. 9

    2回戦154km星稜・奥川に虎熱視線…懸念される“藤浪の悪夢”

  10. 10

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る