松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

与田さま?「おまえ」がダメなら不肖マツザキは死活問題

公開日: 更新日:

 あんまりバカバカしいから書く気もしなかったんだが、よくよく考えたら死活問題なので書いちます。

「おまえ」って使っちゃいけないんだって? 言いたかないけど、不肖マツザキはずっとおまえ呼ばわりでメシ食ってきたのよ。そりゃま、「目上の者に対しておまえ呼ばわりは失礼だろ」とか、あるけどサ。不肖マツザキは、ほとんど「おまえ」で通してきたわけさ。これやめろって言われたら、死活問題なわけよ。

 おまえどころか、おめえ、てめえ、(ちょいと頭にきた場合は)オドレは、とかザラなわけ。これダメだって言われると、商売に関わるんですよ不肖マツザキは。

 たとえばね。東京五輪のお偉いさんのことを、

「おまえサメの脳みそだから、しょうがねえか」

 を、おまえはダメだ名前で呼べってことになると、「森喜朗はサメの脳みそだからしょ~がねえか」じゃ、そのまんまだろ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る