松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

若手にしめしがつかねえ兼任コーチは免許返納だぁ

公開日: 更新日:

 プロ野球「名球会」が少年野球教室とか主催して、子どもたちが目を輝かせて集まると、巨人の菅野やホークスの柳田じゃなくて、キャッチボールもままならねえばかりか、立ってるのもやっとのジイサマが「野球というものは!」なんてヨダレ食いながら手取り足取りって、年寄りは縁側で茶でも飲んでりゃよかろうに、ガキのほうから手取られ足取られても、プロ野球は生涯現役なのかしらん?

「人生100年の時代! あなたがたは死ぬまで働き、老後の資金最低2000万円貯めるべき立場を率先して広められたので、ここに表彰します」って財務大臣が唇ひん曲げて賞状くれるかもな。

 すこし盛りを過ぎたぐらいナンダ! 他に類を見ない「選手兼任コーチ」。これって幕内で相撲を取りながら部屋付き親方やって若えもんに勝ち方教えてやるようなもんだ。プロ野球はすごいね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    引退も覚悟? 小倉優香ラジオ降板テロの裏に年収1億円彼氏

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  4. 4

    昭恵夫人 居酒屋は小池号令厳守も“闇紳士”逮捕で疑惑再燃

  5. 5

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  6. 6

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  7. 7

    夫の定年後に妻の外出が増加 交際費と被服費が家計を圧迫

  8. 8

    吉村知事の危うい“人体実験” うがい薬騒動に専門家も警鐘

  9. 9

    海老蔵「ひどくないですか」コロナ補償直訴で松竹と確執か

  10. 10

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

もっと見る