松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

交流戦最下位…広島ファンの気持ちを代弁してみた

公開日: 更新日:

 カープファンの嘆き節が聞こえる。

オリックス相手、延長十回に9点取られてる間、ベンチはなにもせんかった。な~に、今に始まったこっちゃない。

 あれは忘れもせん、2016年の日本シリーズ日ハム戦や。リリーフ投手が日ハムの中田翔に押し出し許しても、ベンチは真っ青になって何の手も打たんかった。代打で大谷翔平を使うまでもなく、相手のリリーフ投手がそのまま打席に立って適時打を打たれて、その直後にレアードに満塁ホームラン打たれても、ベンチは真っ青になって何の手も打たんかった。

 今年4月10日を見てみい。ヤクルトに延長十回12点取られたときも、ベンチは真っ青になって何の手も打たんかった。

 広島ファンでスタンドは真っ赤や。ベンチだけ真っ青になっとる場合やないやろ、しっかりせんかいと、立って座って立って座って応援しとる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新しい地図&石橋貴明「低視聴率組」にテレビマン戦々恐々

  2. 2

    ソフトVの裏に非情の工藤采配 内川退団決意と次期監督問題

  3. 3

    菅首相の“オトモダチ”に「公有地払い下げ」の異様な経緯

  4. 4

    元SMAP「新しい地図」が今もテレビに登場しない本当の理由

  5. 5

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  6. 6

    伊藤容疑者ひき逃げ逮捕で“俳優生命”の危機…映画界パニック

  7. 7

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  8. 8

    コロナ支援金が次々と期限…迫る倒産・閉店・失業ラッシュ

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

もっと見る