松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

交流戦最下位…広島ファンの気持ちを代弁してみた

公開日: 更新日:

 カープファンの嘆き節が聞こえる。

「オリックス相手、延長十回に9点取られてる間、ベンチはなにもせんかった。な~に、今に始まったこっちゃない。

 あれは忘れもせん、2016年の日本シリーズ日ハム戦や。リリーフ投手が日ハムの中田翔に押し出し許しても、ベンチは真っ青になって何の手も打たんかった。代打で大谷翔平を使うまでもなく、相手のリリーフ投手がそのまま打席に立って適時打を打たれて、その直後にレアードに満塁ホームラン打たれても、ベンチは真っ青になって何の手も打たんかった。

 今年4月10日を見てみい。ヤクルトに延長十回12点取られたときも、ベンチは真っ青になって何の手も打たんかった。

 広島ファンでスタンドは真っ赤や。ベンチだけ真っ青になっとる場合やないやろ、しっかりせんかいと、立って座って立って座って応援しとる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  2. 2

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  3. 3

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  4. 4

    「コウキに付きっきり」ママ友が明かした工藤静香の“素顔”

  5. 5

    ラグビーW杯で日テレが高笑い 格安放映権で“濡れ手で粟”

  6. 6

    藤原紀香と“共演NG” 天海佑希以外にも挙がった女優の名前

  7. 7

    「紅白」紅組司会は綾瀬はるか…“本命”広瀬すず落選のナゼ

  8. 8

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

  9. 9

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  10. 10

    ジョセフHCは続投前向きも 日本8強入りで“三つ巴”争奪戦に

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る