本命マキロイ「不運な一日」地元ファンの期待裏切る大乱調

公開日: 更新日:

【全英オープン】初日

 出だし1番パー4のティーショットがまさかのOB。スタートのつまずきが「大本命」の一日を狂わせた。

 地元北アイルランド出身のローリー・マキロイ(30)は、パワーランキング1位に挙げられていた。大きな期待を背負っていたが、今大会の第1打を左に大きく曲げてOB。第4打も左のブッシュに打ち込みアンプレアブルで6オン2パットの「8」。3番はグリーン奥にこぼし、3.5メートルのパーパットを外す。7番、9番でバーディーを奪うも、16番は20センチのボギーパットを安易に打って外してダブルボギー。1つでも取り返したい18番でも痛恨のトリプルボギー。初日は8オーバー、150位タイ。首位と13打差は、地元ファンの期待を大きく裏切った。

 北アイルランドで全英が開催されるのは1951年以来68年ぶり。マキロイやD・クラーク(50=2011年全英優勝)の働きかけも大きかった。マキロイの10歳の誕生日に、父親がこのコースで初めてプレーさせてくれた記念のリンクスなのだ。05年に16歳で出場した北アイルランド・アマチュア選手権ではコースレコードの61をマーク。地元の英雄が「THE OPEN」を制するシーンをひと目見ようと、チケットは早々に完売と、開幕前から盛り上がっていたが、マキロイの出遅れにファンはがっかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    甲子園ドラフト候補「行きたい球団」「行きたくない球団」

  2. 2

    韓国が切り札で反撃 安倍首相の嘘が招いた“東京五輪潰し”

  3. 3

    未浄化下水広がる“肥溜めトライアスロン”に選手は戦々恐々

  4. 4

    兵庫・明石商監督に聞いた データ分析のチーム強化の労苦

  5. 5

    舘ひろし氏「太平洋戦争はエリートが犯した失敗の宝庫」

  6. 6

    靖国参拝で改めて認識 進次郎氏の軽薄さとメディアの劣化

  7. 7

    引きこもりだった大学生が「しょぼい喫茶店」を始めるまで

  8. 8

    北朝鮮ミサイル発射を傍観するトランプ大統領“本当の狙い”

  9. 9

    セレブ子弟集まる青学初等部に残る“ボスママ戦争”の後遺症

  10. 10

    香取慎吾の出演を認めさせた 萩本欽一&ジャニー社長の絆

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る