テニス4大大会は男女平等…気になるゴルフの「賞金格差」

公開日: 更新日:

 それでもその差は大きい。

 全英女子オープン(8月1~4日=英国・ウォーバーンGC)を主催するロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ(R&A)は8日、今大会の賞金総額を前年から約40%増額し450万ドル(約4億9000万円)になると発表した。優勝賞金は約17万ドル増の67万5000ドル(約7350万円)。ちなみに7月18日に開幕する男子の全英オープン(北アイルランド・ロイヤルポートラッシュGC)の優勝賞金は189万ドル(約2億5600万円)だ。

 全米ゴルフ協会(USGA)が主催する全米オープンと全米女子オープンも今年から賞金がそれぞれ50万ドルずつアップされ、優勝賞金は男子が225万ドル(約2億4400万円)、女子は100万ドル(約1億900万円)になったが、男女の開きは大きい。

 テニスは全米オープンが1973年に男女の賞金が同額となり、2001年全豪、07年は全仏(優勝賞金は06年に同額)にウィンブルドンも格差はなくなった。女子は男子より2セット少ない3セットマッチなので、「それで賞金が同じというのはおかしい」との声が男子選手から出ているが、女子選手の「運動」により平等が実現。昨年の全米オープン(優勝380万ドル=当時約4億2000万円)と今年の全豪(410万豪ドル=同約3億2000万円)の女子シングルスを制した大坂なおみは、たった2大会で7億4000万円以上を手にした。現在行われているウィンブルドン男女シングルスの優勝賞金は235万ポンド(約3億1900万円)だ。

 女子プロの海外メジャーは男子と同じ4日間大会。それでも賞金格差に黙っているのは不満がないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る