テニス4大大会は男女平等…気になるゴルフの「賞金格差」

公開日: 更新日:

 それでもその差は大きい。

 全英女子オープン(8月1~4日=英国・ウォーバーンGC)を主催するロイヤル・アンド・エンシェント・クラブ(R&A)は8日、今大会の賞金総額を前年から約40%増額し450万ドル(約4億9000万円)になると発表した。優勝賞金は約17万ドル増の67万5000ドル(約7350万円)。ちなみに7月18日に開幕する男子の全英オープン(北アイルランド・ロイヤルポートラッシュGC)の優勝賞金は189万ドル(約2億5600万円)だ。

 全米ゴルフ協会(USGA)が主催する全米オープンと全米女子オープンも今年から賞金がそれぞれ50万ドルずつアップされ、優勝賞金は男子が225万ドル(約2億4400万円)、女子は100万ドル(約1億900万円)になったが、男女の開きは大きい。

 テニスは全米オープンが1973年に男女の賞金が同額となり、2001年全豪、07年は全仏(優勝賞金は06年に同額)にウィンブルドンも格差はなくなった。女子は男子より2セット少ない3セットマッチなので、「それで賞金が同じというのはおかしい」との声が男子選手から出ているが、女子選手の「運動」により平等が実現。昨年の全米オープン(優勝380万ドル=当時約4億2000万円)と今年の全豪(410万豪ドル=同約3億2000万円)の女子シングルスを制した大坂なおみは、たった2大会で7億4000万円以上を手にした。現在行われているウィンブルドン男女シングルスの優勝賞金は235万ポンド(約3億1900万円)だ。

 女子プロの海外メジャーは男子と同じ4日間大会。それでも賞金格差に黙っているのは不満がないということか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴタゴタ続き…阪神低迷の“A級戦犯”フロントが抱える問題

  2. 2

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  3. 3

    埼玉大・高端准教授が警鐘「自助、共助」を強調する危うさ

  4. 4

    菅内閣“ご祝儀報道”の裏で着々…真の肝入りは法務と警察

  5. 5

    菅新内閣の不真面目3閣僚 デジタル担当相はワニ動画で物議

  6. 6

    ドラ1候補・明石商中森の母が明かす プロ志望表明の舞台裏

  7. 7

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  8. 8

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  9. 9

    阪神ファン大胆提言「矢野監督解任、岡田彰布氏で再建を」

  10. 10

    松田聖子40周年で根性のフル回転…唯我独尊貫くエピソード

もっと見る