盛岡一に156kmも…大船渡・佐々木が強豪校に投げないワケ

公開日: 更新日:

 スポーツマスコミは令和に入って最速だと騒いでいる。

 今ドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)が7日、盛岡一との練習試合で156キロをマークしたことに関してだ。

 この日は9回を3安打2失点に抑え、140球で完投勝利。前日の柏木農(青森)戦は70球、5回を投げて1安打無失点に。球速がアップした上に、連投もOK、15日の岩手大会初戦(対遠野緑峰)に向けて視界良好というのだが、佐々木本人も、国保監督も、この夏の最大の目標は甲子園出場だろう。

 そのためには、花巻東や盛岡大付などの甲子園常連校を倒さなければならない。普段から骨っぽい学校と対戦して、もまれる必要があるのに、最近の練習試合の相手を見る限り、全国区の強豪とは言い難い。

 全国区で言えば3月31日に作新学院(栃木)、4月20日に仙台育英(宮城)と対戦しているものの、佐々木は作新学院戦は3回(1失点)、仙台育英戦は3回と3分の2に投げただけ(2失点)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  4. 4

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    1位は2千万円超え 平均給与トップ30は総合商社や民放ズラリ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る