盛岡一に156kmも…大船渡・佐々木が強豪校に投げないワケ

公開日: 更新日:

 スポーツマスコミは令和に入って最速だと騒いでいる。

 今ドラフトの目玉・佐々木朗希(大船渡)が7日、盛岡一との練習試合で156キロをマークしたことに関してだ。

 この日は9回を3安打2失点に抑え、140球で完投勝利。前日の柏木農(青森)戦は70球、5回を投げて1安打無失点に。球速がアップした上に、連投もOK、15日の岩手大会初戦(対遠野緑峰)に向けて視界良好というのだが、佐々木本人も、国保監督も、この夏の最大の目標は甲子園出場だろう。

 そのためには、花巻東や盛岡大付などの甲子園常連校を倒さなければならない。普段から骨っぽい学校と対戦して、もまれる必要があるのに、最近の練習試合の相手を見る限り、全国区の強豪とは言い難い。

 全国区で言えば3月31日に作新学院(栃木)、4月20日に仙台育英(宮城)と対戦しているものの、佐々木は作新学院戦は3回(1失点)、仙台育英戦は3回と3分の2に投げただけ(2失点)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  3. 3

    木下優樹菜に第2、第3の男の影「急転引退」狙いと全舞台裏

  4. 4

    手越祐也の新居家賃200万円問題 ジャニーズ退所で楽勝か

  5. 5

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  6. 6

    渡部と東出の不倫で好機 田辺誠一&大塚寧々夫婦株が急騰

  7. 7

    小池都知事“地元のお友達”豊島区優遇で新宿区長がブチ切れ

  8. 8

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  9. 9

    平野&中島「未満警察」もはやコメディー 敗因は幼い脚本

  10. 10

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

もっと見る