大船渡は甲子園へ佐々木どう起用 元横浜高の名参謀が語る

公開日: 更新日:

 最速163キロ右腕の大船渡・佐々木朗希(3年)の最後の夏が幕を開けた。

 16日の岩手大会2回戦で遠野緑峰と対戦。「4番・投手」で先発し、打者6人に対して2回をパーフェクトに抑えた。「6割くらい(の力)でコントロールを重視した。球数を少しでも減らしたいので」とこの日の最速は147キロ。投げたのは19球だった。

 打っては初回に先制の適時三塁打。10点リードの三回の打席で代打を送られた。試合は14―0で五回コールド勝ち。投打に圧倒的なポテンシャルを見せた佐々木だが、甲子園へ行くためにはこれから7日間で5勝が必要になる。順当に勝ち進めば、準決勝で今春センバツ出場の盛岡大付との対戦が予想される。切れ目のない打線が武器で、昨秋は県大会を制し、東北大会準優勝。今春も県3位の強豪だ。

 勝てば決勝で対戦するのは夏の県大会連覇を狙う花巻東が濃厚。今春、県を制して東北大会に進出。プロ注目の最速147キロ右腕・西舘が腰痛から完全復活し、打線も強力。スキのない走塁や小技を絡めた攻撃にも定評がある。タイトなスケジュールや甲子園常連でもある私学2強の実力を考えれば、大船渡が甲子園に駒を進めるのは極めて難しいように見える。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る