男子100m×4今季ベストの2位で…東京五輪走者選びは大混戦

公開日: 更新日:

 7月22日のソフトボールで開幕する東京五輪まで、22日でちょうど丸1年。そんなタイミングでロンドンで行われているダイヤモンドリーグ男子400メートルリレーの日本チームが、37秒78のシーズンベストで英国に次ぐ2位だった。

 20日の男子100メートル決勝でサニブラウン(20)の9秒97に次ぐ日本歴代2位の9秒98をマークした小池祐貴(24)を2走に置く新布陣。多田修平(23)、小池、桐生祥秀(23)、白石黄良々(23)の走順で2016年リオ五輪決勝の37秒60、同予選の37秒68に次ぐ好記録を出した。

 今回はサニブラウンに加えて山県亮太(27)が不在。躍進著しい小池がリレーメンバーに加われば、誰かが落ちることになる。

 メンバー選びが混沌とするのはもちろん、バトンパスの問題もある。今回は2走の小池から3走の桐生へつなぐ布陣をテストしたものの、2走の小池が出遅れて1走の多田とのバトンパスがうまくいかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    志村けんさん「芸人運」にかき消された女性運と運命の相手

  2. 2

    志村けんさんの店も…銀座のクラブで“コロナ蔓延”の根拠

  3. 3

    藤浪ら感染の“合コン” ゾロゾロ出てきた参加者32人の素性

  4. 4

    志村さんが最期まで貫いた不詳の弟子・田代被告への“温情”

  5. 5

    隠れコロナか 東京都で「インフル・肺炎死」急増の不気味

  6. 6

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  7. 7

    志村けんさん 泥酔記者に愛の一喝「話をちゃんと聞け!」

  8. 8

    やはり本命の彼女は…櫻井ファンがザワついた衝撃の“逸話”

  9. 9

    コロナ対策に高まる期待 結核予防のBCGワクチンは救世主か

  10. 10

    木村一八「松本人志の“横山やすしネタ”に激怒」の真相語る

もっと見る