男子100m×4今季ベストの2位で…東京五輪走者選びは大混戦

公開日: 更新日:

 7月22日のソフトボールで開幕する東京五輪まで、22日でちょうど丸1年。そんなタイミングでロンドンで行われているダイヤモンドリーグ男子400メートルリレーの日本チームが、37秒78のシーズンベストで英国に次ぐ2位だった。

 20日の男子100メートル決勝でサニブラウン(20)の9秒97に次ぐ日本歴代2位の9秒98をマークした小池祐貴(24)を2走に置く新布陣。多田修平(23)、小池、桐生祥秀(23)、白石黄良々(23)の走順で2016年リオ五輪決勝の37秒60、同予選の37秒68に次ぐ好記録を出した。

 今回はサニブラウンに加えて山県亮太(27)が不在。躍進著しい小池がリレーメンバーに加われば、誰かが落ちることになる。

 メンバー選びが混沌とするのはもちろん、バトンパスの問題もある。今回は2走の小池から3走の桐生へつなぐ布陣をテストしたものの、2走の小池が出遅れて1走の多田とのバトンパスがうまくいかなかった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  2. 2

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  3. 3

    高級住宅街「成城学園前」が“昭和のお屋敷街”に衰退する日

  4. 4

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  5. 5

    眞子さまは駆け落ち婚も覚悟?あえて危ない橋を渡る生き方

  6. 6

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  7. 7

    NiziUミイヒ出動でも爆発できず J.Y.Parkの手腕に疑問の声

  8. 8

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  9. 9

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  10. 10

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

もっと見る