サニブラウンに主役奪われ…桐生こっそり海外遠征のナゼ

公開日: 更新日:

 元日本記録保持者も必死だ。

 陸上短距離の桐生祥秀(23)は9日、スイスの国際競技会男子100メートルに出場し、10秒21で5位だった。

 桐生は2017年9月に日本人初の9秒台(9秒98)を記録したが、今年6月、米国留学中のサニブラウン(20)が9秒97で日本記録を更新。日本選手権でも100メートルと200メートルの2冠をもっていかれた。ライバルが代表入りを決めた世界陸上(ドーハ・9月27日開幕)の切符は、まだ手にしていない。

 桐生は「9月7日時点の世界ランクで日本人上位」なら世界陸上に出られる。現在のランクは11位。サニブラウン(21位)、小池祐貴(22位)、山県亮太(25位)らを抑えて日本勢のトップにいるものの、今のところ桐生と山県までの世界ランクのスコアに大きな開きはない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  3. 3

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  4. 4

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  5. 5

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  6. 6

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  7. 7

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  10. 10

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る