痛恨の同点3ラン被弾…巨人新助っ人デラロサの重大欠陥

公開日: 更新日:

 また打たれた。

 23日のヤクルト戦。巨人は5―2で迎えた八回2死一、二塁で、好投の山口から新外国人のルビー・デラロサ(30)にスイッチ。しかし、交代直後の初球、青木に153キロの直球をジャストミートされると、打球は右翼席中段へ。痛恨の同点3ランとなった。

 先発した山口は7回3分の2を111球、4安打4失点。11勝目の権利を持ってマウンドを降りたが、継投策が裏目に出た格好だ。原監督は試合後、「俊には申し訳ないことをした」と謝ったが、試合は同点の九回に代打・重信がサヨナラ打。継投ミスをナインがカバーし、巨人は連敗を4で止めた。

 勝ったとはいえ、心配なのは6試合目の登板で防御率4.50となったデラロサである。17日のヤクルト戦で自己最速の159キロをマークした。原監督は「球が強いから」と緊迫した場面で送り出すものの、20日の広島戦ではバティスタに勝ち越し弾を浴び、この日も痛恨の同点弾。まだ広島とヤクルトの2球団しか対戦していないが、150キロを大きく超える剛速球がいとも簡単に打ち返されるのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  2. 2

    マツコ「ホンマでっか」降板 カネより義理、裏方との関係

  3. 3

    原監督はG史上最多の1067勝 なぜ他からオファーがない?

  4. 4

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  5. 5

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  6. 6

    ジャパンライフ詐欺は安倍‐菅案件 行政大甘対応の根源

  7. 7

    瀬戸大也は「鋼のメンタル」ラブホ不倫で謝罪も“金”揺がず

  8. 8

    自民党総裁選 カッコ悪い大人たちにど汚いもの見せられた

  9. 9

    平沢復興相 前首相の私怨で冷遇…入閣に“故郷”は冷めた声

  10. 10

    原監督の隣で評価上げる“参謀”巨人・元木ヘッドの万能ぶり

もっと見る