痛恨の同点3ラン被弾…巨人新助っ人デラロサの重大欠陥

公開日: 更新日:

 また打たれた。

 23日のヤクルト戦。巨人は5―2で迎えた八回2死一、二塁で、好投の山口から新外国人のルビー・デラロサ(30)にスイッチ。しかし、交代直後の初球、青木に153キロの直球をジャストミートされると、打球は右翼席中段へ。痛恨の同点3ランとなった。

 先発した山口は7回3分の2を111球、4安打4失点。11勝目の権利を持ってマウンドを降りたが、継投策が裏目に出た格好だ。原監督は試合後、「俊には申し訳ないことをした」と謝ったが、試合は同点の九回に代打・重信がサヨナラ打。継投ミスをナインがカバーし、巨人は連敗を4で止めた。

 勝ったとはいえ、心配なのは6試合目の登板で防御率4.50となったデラロサである。17日のヤクルト戦で自己最速の159キロをマークした。原監督は「球が強いから」と緊迫した場面で送り出すものの、20日の広島戦ではバティスタに勝ち越し弾を浴び、この日も痛恨の同点弾。まだ広島とヤクルトの2球団しか対戦していないが、150キロを大きく超える剛速球がいとも簡単に打ち返されるのはなぜか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る