強豪校次々敗退で好機 奥川擁する星稜「甲子園V」への課題

公開日: 更新日:

 勝った瞬間に号泣していた。

 28日、石川大会決勝で星稜が小松大谷を下し、4季連続の甲子園進出を決めた。

 エースが気迫のこもった投球を見せた。今秋ドラフト1位候補の奥川恭伸(3年)だ。九回にこの日最速の153キロをマークするなど、2失点で完投勝利。「この夏の大会はしんどい試合ばかりで、いつ負けてもおかしくない試合が多かったが、みんなで勝つことができてホッとしています。プレッシャーは凄く感じていました。相手打者にも気迫を感じる中で勝ちきることができて、みんなに感謝したい」と目を真っ赤に腫らし、優勝の味を噛みしめた。

 センバツでは大会ナンバーワン右腕として初戦で履正社(大阪)を撃破。しかし、続く習志野(千葉)戦に敗れ、試合後にはサイン盗み騒動が勃発した。この一件で林監督は謹慎したものの、監督不在で戦った春の北信越大会を優勝。この夏から指揮官が現場復帰し、石川大会を制した。セ球団のスカウトが奥川をこう評価する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  2. 2

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  3. 3

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  4. 4

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  5. 5

    相場低迷でウマ味 三菱UFJの配当金は普通預金利息の5000倍

  6. 6

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

  7. 7

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  8. 8

    ロンブー淳が明かす「山本太郎に口説かれたこともある」

  9. 9

    マツコvsN国立花 脅迫か?ストーカーか?論争か?の先に

  10. 10

    滝クリに“日本のヒラリー”の異名 急浮上する政界進出説

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る