星稜・奥川が完全復活 北信越大会V4で“主役”再奪取の夏へ

公開日: 更新日:

 星稜(石川)が4日、北信越大会決勝で敦賀気比(福井)を下し、春の北信越4連覇、昨春から3季連続優勝を達成した。

 ドラフト1位候補の奥川恭伸(3年)が7安打1失点、無四球で11奪三振。八回にこの日最速となる150キロをマークし、最終回に3者連続三振を記録するなど圧巻の投球で締めた。

 奥川はセンバツ後の4月、右肩の軽い張りを訴えた。春の石川大会では登板を回避し、実戦復帰は5月下旬にずれ込んだ。

 約2カ月ぶりの公式戦だった1日の同大会1回戦で6回無失点。この日はセンバツ以来の完投で「行けるところまでと言われていたけど、投げていて最後まで行けるかなと思った。9回を投げ切れたことが一番の収穫。完全に復活できたかな」と笑顔を見せた。

 出場したセンバツ1回戦で優勝候補の履正社から17三振を奪い、完封勝利を挙げた頃は、間違いなく奥川が主役だった。それが、2回戦で習志野に敗退してから、その座を大船渡の163キロ右腕・佐々木に譲っている。

 奥川は「もっともっとレベルアップして夏の大会に入りたい」と前を向いた。みちのくの剛腕から主役を取り返すためにも、夏は全国制覇しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    土屋太鳳に吉岡里帆…“嫌われ者”は好かれる先輩に学ぶべし

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る