星稜・奥川が完全復活 北信越大会V4で“主役”再奪取の夏へ

公開日: 更新日:

 星稜(石川)が4日、北信越大会決勝で敦賀気比(福井)を下し、春の北信越4連覇、昨春から3季連続優勝を達成した。

 ドラフト1位候補の奥川恭伸(3年)が7安打1失点、無四球で11奪三振。八回にこの日最速となる150キロをマークし、最終回に3者連続三振を記録するなど圧巻の投球で締めた。

 奥川はセンバツ後の4月、右肩の軽い張りを訴えた。春の石川大会では登板を回避し、実戦復帰は5月下旬にずれ込んだ。

 約2カ月ぶりの公式戦だった1日の同大会1回戦で6回無失点。この日はセンバツ以来の完投で「行けるところまでと言われていたけど、投げていて最後まで行けるかなと思った。9回を投げ切れたことが一番の収穫。完全に復活できたかな」と笑顔を見せた。

 出場したセンバツ1回戦で優勝候補の履正社から17三振を奪い、完封勝利を挙げた頃は、間違いなく奥川が主役だった。それが、2回戦で習志野に敗退してから、その座を大船渡の163キロ右腕・佐々木に譲っている。

 奥川は「もっともっとレベルアップして夏の大会に入りたい」と前を向いた。みちのくの剛腕から主役を取り返すためにも、夏は全国制覇しかない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 ロケ現場で訃報を聞いたキムタクの慟哭

  2. 2

    「赤い公園」津野米咲さんが29歳で急死 SMAPにも楽曲提供

  3. 3

    DeNA梶谷が逆転満塁弾 FA“隠れ1番人気”巨人に猛アピールか

  4. 4

    村山由佳「風は西から」にはワタミの真実が描かれている

  5. 5

    何が「未来志向」だ! 学術会議が菅政権に下す反撃の一手

  6. 6

    ラミ監督はクビ同然…DeNAは“ハマの番長”で巨人に勝てるか

  7. 7

    東海大野球部「大麻使用」で激震 巨人原監督に再建託すSOS

  8. 8

    中野雅至氏 菅政権の小さな政府路線と1億総ゴマカシの限界

  9. 9

    石原さとみ東大卒夫は年収5000万円!商売と夫婦円満に重要

  10. 10

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

もっと見る