ラグビーに国内プロリーグ構想 成否は日本代表の成績次第

公開日: 更新日:

 日本ラグビー協会の清宮克幸副会長(52)が大胆構想をぶち上げた。

 28日、東京都内で行われたシンポジウムに出席し、「日本ラグビーを変えるためには、プロ化しかない」と、2021年秋のスタートを目標に国内プロリーグを発足させると発表したのだ。

 16チームで覇権を争う現行のトップリーグ(TL)を廃止し、9月開幕のW杯日本大会の開催12都市を本拠地とするプロリーグを新設。参加チームはTLからの移行と新規参入を想定しているとした。

 すでにTL各チームには説明済みで「大賛成というチームも6から8くらいある」と言った清宮副会長は、「トップ選手の年俸は1億円を超えたい。子どもたちが憧れる職業にしたい」と力強く語ったが、実現するもしないも、W杯での日本代表次第だろう。

 TLはチケット販売が伸び悩み、多くのチームが収益を確保できていないのが現状。ラグビー協会も今年度予算が赤字見込みだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  9. 9

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る