ラグビーW杯まで100日 日本の8強入りは闘将の下半身次第

公開日: 更新日:

 ラグビーW杯日本大会開幕(9月20日)まで100日を切った。

 今月9日に始まった宮崎合宿には42人の選手が参加し、最終メンバー(31人)入りに向けてしのぎを削っている。

 ほぼ連日にわたって行われている3部練習で、各選手がアピールする中、3大会連続出場を目指すリーチ・マイケル(30)は恥骨炎のため、別メニュー調整。練習中は他の選手にアドバイスするなど、長らく代表主将を務めてきただけあり、チームの盛り上げ役をこなしている。

 この恥骨炎の完治は下半身への負荷をかける運動は極力、避けて安静にするのが最善の治療法とされる。復帰後、患部の負担を減らし、再発を防ぐためには、体幹強化を中心とした筋トレが重要になるという。

 昨オフ、右肘にメスを入れたエンゼルス・大谷翔平(24)がそうだったように、リーチも当面は地味な強化運動を強いられる。リーチは「(患部の)痛みはない」とし、7月17日までの宮崎合宿終盤には全体練習に参加できるとの見通しを明かしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る