松崎菊也
著者のコラム一覧
松崎菊也戯作者

53年3月9日、大分県別府市生まれ。日大芸術学部放送学科卒業後は宇野重吉らが率いる「劇団民藝」に所属。その後はコントグループ「キモサベ社中」「キャラバン」を経て、88年にコントグループ「ニュースペーパー」を結成。リーダー兼脚本家として活躍した。98、99年にはTBSラジオ「松崎菊也のいかがなものか!」でパーソナリティーを務めた。現在も風刺エッセイや一人芝居を中心に活躍中。

厳重注意は甘すぎる プロ野球に監督適性試験を導入すべし

公開日: 更新日:

 広島の緒方監督が野間選手の怠慢プレーを叱って殴った。週刊誌から取材されて、「殴りました」と認めちまって、週刊誌に出る寸前に「殴りました」と公表した。

 球団の本心は分かりやすかったね、「バレる前に自首する」。

 球団の監督処分「厳重注意」、つまりね、「殴っちゃだめだよ」ト。それに監督が「は~い」ト。

 日本野球機構としても、「あってはならないこと、再発防止の徹底を指示」。

 つまりね、「やっちゃいけないことだから、これからやらないでね」ト。それに球団が「は~い」ト。

 こんなことで昔から「鉄拳制裁」を「愛の鞭」と思い込んでる脳みそカビだらけ指導者が撲滅されるかね?

 暴力って、やられた側は必ずやる。殴られた者は殴る。典型的な中毒なんよ。W杯にあやかって、いくらあの時代、ラグビーの青春ドラマで山下どうの監督が、クソ部員に業を煮やし「いいか、オレはこれからおまえたちを殴る。目をつぶれ! 歯を食いしばれ!」でブワッシ~~ッ、を上映したくても「暴力の美化」だから上映できないのサ。もう時代はそこまで来てるのサ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る