北大総長パワハラで“解任要求”変化する「エリートと出世」

公開日: 更新日:

 北大の名和豊春総長が大学職員に対するパワハラをめぐり、同大の総長選考会議から10日付で解任を求められた一件。もし本当に総長が解任されたら、2004年度の国立大法人化以降、初のケースという。不名誉極まりない話だろう。

「大学側は重く口を閉ざしていますし、総長本人はパワハラの事実を否定していますが、総長は昨年末から体調不良を理由に休職。今年3月の卒業式も4月の入学式も、式辞は代理が読むなど、組織としてまともに機能しているとは言い難いですね」(地元紙記者)

 一般企業でいえば、社長が社員からパワハラで訴えられたようなもの。いずれにせよ、世間の評判はガタ落ちだ。ある大手企業の広報担当者がこう言う。

「パワハラ、セクハラは年に数件、内部処理しますが、中堅社員でも表沙汰になった時点で“アウト”。たとえグレーゾーンの行為だったとしても、『ブラック企業』の烙印を押される。パワハラもセクハラも、疑わしきは罰せられる時代ですから。リスク管理の観点から言えば、今は、パワハラやセクハラをやらかしそうな“因子”を持っている社員をマネジャーにすること自体、リスクになるわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  4. 4

    坂上忍では微妙…関西人が納得する上沼恵美子“後釜”の名前

  5. 5

    分科会に浮上「Go To トラベル」前倒し実施に重大瑕疵疑惑

  6. 6

    上沼恵美子「降板の全真相」現場は“辞めたる”を待っていた

  7. 7

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  10. 10

    阪神藤浪を殺す梅野の怯懦 巨人相手に5回まで1失点も3連敗

もっと見る