全英女子OP初日2位発進 渋野日向子に海外挑戦のススメ

公開日: 更新日:

【全英女子オープン】初日

 試合前、「やりやすいコースで緊張していない。いつものように笑顔でプレーします」と語った渋野日向子(20)が、初の海外メジャー参戦で首位と1打差の6アンダー・2位タイに躍り出た。

 4番でボギーが先行したが、8番バーディーでイーブンパーに戻すと、インは10番からの3連続を含む6バーディーを奪い、66でホールアウト。

「(初日成績は)正直ビックリしている。前半はパットが合わず、後半長いのが入ってくれた。今日はうれしいけど、気持ちを切り替えて2日目も自分のプレーをする」(渋野)

 今週は国内で「大東建託レディス」(山梨)が開催されており、優勝賞金は2160万円。一方、メジャーの全英女子は同じ4日間でも昨年より約40%増の約7300万円と、大会規模の違いがよくわかる。もちろん出場メンバーは、世界のトップクラスが勢ぞろいしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  2. 2

    山下智久が来月にも活動再開…怪しくなってきた海外の仕事

  3. 3

    静かに確実に忍び寄る…「1999年 ITバブル崩壊」の再来

  4. 4

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  5. 5

    宮内義彦のオリックスは「実は何か」が問われている

  6. 6

    フジ反町理キャスターと“コロナの女王”岡田晴恵が消えた?

  7. 7

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  8. 8

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  9. 9

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  10. 10

    藤原紀香の評価に変化…夫・片岡愛之助の躍進が追い風に

もっと見る