S・ローリー優勝で明白に…松山が全英で絶対に勝てない訳

公開日: 更新日:

「北アイルランドのリンクスは初めて見たが、これがゴルフの原点だと改めて感じましたね」と言うのは、4大メジャーの取材経験が豊富なゴルフジャーナリストの菅野徳雄氏だ。

 日本国内でも「ゴルフは自然との戦い」とよくいわれるが、箱庭コースで育った日本のプロは、強い雨風が吹くとすぐに文句を言う。

「そんな連中は、硬い地面、強風、横殴りの雨、寒さというコンディションの本場リンクスで戦えるはずがない。今回の全英は、厳しい条件を受け入れ、技術と想像力でパーをセーブしていく力、気持ちの切り替え、メンタルの強さなどが試された。優勝したアイルランド出身、S・ローリーの淡々としたプレーぶりを見てそう感じた」(前出の菅野氏)

 そんなローリーと比べて、予選で敗退した松山の「心」は、あまりにヤワだ。


 例えば、履いているシューズひとつとっても、メーカーのマークが視野に入らないように、かかと寄りにずらしている。マスコミの取材を極端に嫌い、トッププロたちに名前と顔は知られていても自らツアーの仲間に溶け込もうとはしない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    木下優樹菜“恫喝DM”炎上で謝罪も…夫フジモンへ飛び火確実

  2. 2

    小手伸也さん不倫騒動 マレーシアまで取材する必要ある?

  3. 3

    石田ゆり子&渡辺美奈代 50歳で評価「天と地の差」のナゼ

  4. 4

    木下優樹菜は“恫喝DM”で窮地に…芸能人にSNSは“諸刃の刃”

  5. 5

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  6. 6

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  7. 7

    日韓“オトモダチ”会談 安倍首相と李洛淵氏それぞれの思惑

  8. 8

    ベスト15にズラリ 海外リーグが付けた日本人選手のお値段

  9. 9

    本田翼は“残念な女優”なのに…視聴率は稼げる意外なワケ

  10. 10

    ガッキーを追い込んだのは錦戸か 明るみになるゲスな過去

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る