G菅野完封で8勝目 原監督から入る“20勝ノルマ”の鬼のムチ

公開日: 更新日:

 巨人菅野智之(29)が2日の中日戦で今季初完封勝利。無四球でリーグトップタイの8勝目(4敗)を挙げた。

 二回までに3点の援護をもらった菅野は、続く三回に1死二、三塁のピンチを招いたものの、ここを無失点で切り抜けると、以降は危なげなかった。

 前回登板の6月23日のソフトバンク戦では、自身プロ最短となる1回3分の0でKOされたが、「苦しい期間。自分と向き合って過ごした」と中8日でリベンジに成功した。

 4点台だった防御率はこの試合で3.87としたが、被本塁打15本はいまだリーグワースト。腰痛を抱えながらの登板が続くが、ここまで勝ち星がついているのが救いだった。

 ここ数年は貧打に見殺しにされるシーズンが続いた。原監督の第2次政権最終年となった2015年は、防御率1.91で10勝11敗。翌16年は同2.01でタイトルを取りながら、9勝6敗と2ケタ勝利に届かなかった。それが、今季は打線の援護に恵まれている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  3. 3

    菅首相にバイデン“塩対応”…五輪は「開催努力」支持どまり

  4. 4

    松山は偉業達成も…ちょっと残念だった日本語優勝スピーチ

  5. 5

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  6. 6

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  7. 7

    ダウンタウン浜田雅功がアラ還にして成功した"可愛い戦略"

  8. 8

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  9. 9

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

  10. 10

    石原さとみ「恋ぷに」推測合戦に…すぐ離脱はもったいない

もっと見る