カネで優勝を買う巨人に独走を許す…セ5球団の末期的症状

公開日: 更新日:

 いよいよ巨人の独り旅である。

 首位攻防戦となった8日の伝統の一戦。首位巨人が2位阪神に競り勝ち、これでゲーム差は7.5に開いた。交流戦を11勝7敗と勝ち越して首位に浮上すると、リーグ戦再開後は実に8勝1敗。あっという間に大量15の貯金をつくり、セで貯金があるのは巨人だけという異常事態である。

■菅野ら投手陣に不安も

 原監督が4年ぶりに復帰した巨人は昨オフ、広島からFAとなった丸佳浩を5年総額25.5億円で“強奪”するなど、総額40億円ともいわれる大型補強を行った。前任の高橋由伸監督時代は貧打にあえいだ巨人打線は、丸というリーグ屈指のポイントゲッターを得て、強力打線に変貌した。

「とはいえ、巨人もすべてにおいて、盤石というわけではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  2. 2

    「NHKから国民を守る党」まさかの議席獲得…NHKは戦々恐々

  3. 3

    改憲だけは阻止した参院選 与党過半数でも波乱の予兆<上>

  4. 4

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

  5. 5

    「俺は基本、嫌いな人とは仕事しませんもん(笑い)」

  6. 6

    2019年参議院選挙で注目 美魔女候補11人の「明と暗」

  7. 7

    諸悪の根源は97年 消費税3%のままならGDPは852兆円だった

  8. 8

    「報道ステーション」後藤謙次には“権力監視”の先頭を期待

  9. 9

    宮迫と亮に暗部暴かれ…吉本は“芸人クーデター”で瓦解寸前

  10. 10

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る