カネで優勝を買う巨人に独走を許す…セ5球団の末期的症状

公開日: 更新日:

 いよいよ巨人の独り旅である。

 首位攻防戦となった8日の伝統の一戦。首位巨人が2位阪神に競り勝ち、これでゲーム差は7.5に開いた。交流戦を11勝7敗と勝ち越して首位に浮上すると、リーグ戦再開後は実に8勝1敗。あっという間に大量15の貯金をつくり、セで貯金があるのは巨人だけという異常事態である。

■菅野ら投手陣に不安も

 原監督が4年ぶりに復帰した巨人は昨オフ、広島からFAとなった丸佳浩を5年総額25.5億円で“強奪”するなど、総額40億円ともいわれる大型補強を行った。前任の高橋由伸監督時代は貧打にあえいだ巨人打線は、丸というリーグ屈指のポイントゲッターを得て、強力打線に変貌した。

「とはいえ、巨人もすべてにおいて、盤石というわけではない」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    阪神・矢野監督のトンチンカン采配 ボーア来日1号帳消しに

  2. 2

    中国の“弱点”三峡ダムが決壊の危機…世界中で株価の暴落も

  3. 3

    「栄冠は君に輝く」熱唱 久志モデル伊藤久男の数奇な人生

  4. 4

    戦慄100人超え “小池ファースト”が招く感染爆発&医療崩壊

  5. 5

    解散総選挙「自民66議席減」の衝撃メモ 首相は青ざめた?

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    今田美桜は“福岡NO.1”から日本一へ CM女王広瀬すずに肉薄

  8. 7

    しらじらしい決別 元産経記者ら応援団も安倍と共に去れ

  9. 8

    都職員“小池怨嗟”の声 愚策「東京アラート」後は役割放棄

  10. 9

    小規模地震多発は不気味な予兆…「大地震の相場」の復習を

  11. 10

    ガッキー知人が悩み明かす「実年齢とのギャップに違和感」

もっと見る