矢野続投決まり一丸 阪神「3位狙い」で山場の巨人3連戦へ

公開日: 更新日:

 2位・DeNAと4、3位・広島とのゲーム差を4.5としている首位巨人。最短のマジック点灯日は来週20日となっている。

 巨人は台風の影響で急きょ広島に1日延泊。16日に帰京し、そのまま東京ドームでの阪神戦に臨む。

 大事な広島戦を2勝1敗でしのぎ、一息つきたいところだが、巨人は最近、阪神に手を焼いている。4月こそ6連勝とカモにしたが、5月以降の対戦成績は4勝6敗。そのうち、ここ数年得意としている敵地・甲子園で3勝。東京ドームではわずか1勝にとどまっている。

 一方の阪神は15日現在、借金4の4位だが、クライマックスシリーズ(CS)出場圏内の3位広島に4ゲーム差と背中が見えている。

「阪神の矢野監督が藤原オーナーから正式に来季の続投要請を受けていたことが11日に分かったでしょう。来季は3年契約2年目だから続投は既定路線だけど、コロコロ二転三転するのが阪神という球団。トップが改めて全面支援のお墨付きをくれて、矢野監督は気分を良くしている。こういう時はパッとチーム状態が上向くことがある。監督がオーナーと話し合ったその日、広島に大逆転勝ちしましたからね。巨人とは8.5差だから、現実問題として追いつけないだろうけど、3位になればCSに行ける。CSに出られれば、日本一の可能性が残されるから、選手は諦めていない。就任1年目の矢野監督としては、ファンが納得するように、宿敵巨人との対戦成績をなんとか五分近くにもっていきたい。現在6勝10敗。この3連戦が大事になります」(関西の放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  2. 2

    朝ドラヒロイン待望論も納得 清原果耶の“なり切り演技力”

  3. 3

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  4. 4

    一気にレギュラー3本消滅 有吉弘行は賞味期限切れなのか?

  5. 5

    夕方ニュース枠はホラン千秋に軍配 カトパンは何が不足か

  6. 6

    10億円損失がSNSで話題 FXトレーダー・アキラ氏を直撃<3>

  7. 7

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  8. 8

    元手100万円が6年で“億り人” お笑い芸人はなぜ投資家に?

  9. 9

    「いだてん」で懲りず? 吉沢亮主演のNHK大河もなぜ近代史

  10. 10

    “ライバル”を蹴散らして進次郎を射止めた滝クリの恋愛テク

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る