矢野続投決まり一丸 阪神「3位狙い」で山場の巨人3連戦へ

公開日: 更新日:

 2位・DeNAと4、3位・広島とのゲーム差を4.5としている首位巨人。最短のマジック点灯日は来週20日となっている。

 巨人は台風の影響で急きょ広島に1日延泊。16日に帰京し、そのまま東京ドームでの阪神戦に臨む。

 大事な広島戦を2勝1敗でしのぎ、一息つきたいところだが、巨人は最近、阪神に手を焼いている。4月こそ6連勝とカモにしたが、5月以降の対戦成績は4勝6敗。そのうち、ここ数年得意としている敵地・甲子園で3勝。東京ドームではわずか1勝にとどまっている。

 一方の阪神は15日現在、借金4の4位だが、クライマックスシリーズ(CS)出場圏内の3位広島に4ゲーム差と背中が見えている。

「阪神の矢野監督が藤原オーナーから正式に来季の続投要請を受けていたことが11日に分かったでしょう。来季は3年契約2年目だから続投は既定路線だけど、コロコロ二転三転するのが阪神という球団。トップが改めて全面支援のお墨付きをくれて、矢野監督は気分を良くしている。こういう時はパッとチーム状態が上向くことがある。監督がオーナーと話し合ったその日、広島に大逆転勝ちしましたからね。巨人とは8.5差だから、現実問題として追いつけないだろうけど、3位になればCSに行ける。CSに出られれば、日本一の可能性が残されるから、選手は諦めていない。就任1年目の矢野監督としては、ファンが納得するように、宿敵巨人との対戦成績をなんとか五分近くにもっていきたい。現在6勝10敗。この3連戦が大事になります」(関西の放送局関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡村隆史の結婚秘話「相手はあの子」NSC時代の恩師明かす

  2. 2

    給付金に文句の麻生氏“10万円超”飲食73回の異常な金銭感覚

  3. 3

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  4. 4

    岡村隆史“奇跡のV字回復”なのに 新妻をひた隠しにするワケ

  5. 5

    菅首相が所信表明で言い間違い連発…予算委“火だるま”必至

  6. 6

    田澤指名漏れの衝撃…背景に米国も呆れたNPBの“島国根性”

  7. 7

    田中みな実“低身長”発言が物議…153cmは女優の武器に?

  8. 8

    11月1日廃止されるのは大阪市ではなく民主主義ではないか

  9. 9

    案里被告を保釈して大丈夫なのか…過去に全裸や救急搬送も

  10. 10

    近大・佐藤1位指名も阪神育成ベタ…よぎる“藤浪の二の舞”

もっと見る