阪神 借金6でワーストタイ…方針なき監督で遠のくAクラス

公開日: 更新日:

「消費期限」切れだ。

 阪神は先発青柳が5回7安打6失点でKO。3番手岡本も5失点と炎上した。攻撃陣はマルテの10号ソロとソラーテの犠飛の2点と元気がなく、最下位ヤクルト相手に今季9度目の2桁失点で3連敗。借金はワーストタイの6となった。

 ここにきて投手陣に疲れが見え始め、攻撃陣もリーグワーストの得点力(374)で援護できない。こんな時こそ指揮官の手腕が問われるものだが、「苦しい状況だが、はね返すしかない」と語った矢野監督にそれを求めるのは“八百屋で魚”か。

 あるOBが言う。

「金本前監督は結果が出ない選手はすぐにベンチに下げたり、二軍に落とした。期待を裏切った藤浪にはプロ最多の161球という懲罰投球を命じたこともあった。萎縮した若手は結果が出せず、中には二軍落ちが決まって安堵した者もいたという。そんな状況を二軍で見ていた矢野監督は、金本とは対照的に、得点すれば選手と一緒にベンチではしゃぎ、ガッツポーズもする。それでチームのムードも一時的に良くなっていたのは事実だが、監督として『こういう野球をやるんだ』という確固たる方針がない。だから、先発投手がゲームをつくり、打線が打てばたまたま勝てるという野球なんです。守備が下手で投手の足を引っ張っても打力があるからソラーテを使うのも同じこと。糸原、大山の拙守などもそのまま。どうなっているのかと言いたい」

 シーズンは残り40試合。3位広島とは5.5差だが、最下位ヤクルトとも6・5ゲーム差。2年連続最下位も十分ある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    稲村公望氏 日本郵政の迷走は民営化という構造改悪の結果

  2. 2

    電波少年で時の人 伊藤高史さん「朋友」から21年年後の今

  3. 3

    沢尻エリカvs門脇麦「麒麟がくる」撮影現場で一触即発か

  4. 4

    IOC“都排除”の札幌変更 小池知事は「酷暑対策」で信用失墜

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    日本シリーズ初勝利 “鷹サブマリン”高橋を待つバラ色オフ

  7. 7

    スタイルはKoki,以上 静香の長女のフルート演奏を聴いた

  8. 8

    “私立小御三家”から転落しかねない…学習院初等科の危機

  9. 9

    ラグビーW杯悲願の8強 日本が打ち破った伝統国の“差別”

  10. 10

    フジの河田町時代知る牧原アナ お台場移転で“残念”なこと

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る