日ハム中田翔は“尻に火”? 清宮一軍昇格でなぜか大当たり

公開日: 更新日:

 ここ最近、見違えるように打ち始めている。日本ハム中田翔(30)のことだ。

 30日のロッテ戦で3試合ぶりの11号2ランを放つなど、3安打2打点の活躍で勝利に貢献した。

 この中田、23日の楽天戦で10試合ぶりの9号を打ってからというもの、計7試合で23打数10安打の打率・435、3本塁打、9打点の大当たり。中田が主砲としての働きを見せるチームは5勝2敗と好調を維持している。

 さらにこの日は、右手有鉤骨骨折のリハビリを経て、24日の西武戦から一軍に昇格した清宮幸太郎(20)が、一軍昇格6戦目にして今季初本塁打。これが球団通算8000号のメモリアルアーチとなった。試合終盤には中田に代わり、今季初めて一塁守備に就いた。さる日ハムOBが言う。

「中田はこの5月、楽天戦で本塁打を放つ直前の試合まで打率.197と低迷していた。中田が打ち始めたのは、くしくも清宮が一軍昇格する前日です。栗山監督は今後、清宮をシーズン通して起用したいと考えている。開幕前のケガで出遅れたものの、打撃力は昨年よりも確実にアップし、出場機会を与えれば昨年の7本塁打以上の成績を残すと踏んでいる。清宮が入団した当初から思い描く2020年東京五輪での日本代表入りだって、まだ諦めちゃいない。清宮は今後、指名打者を中心に一塁や左翼の守備にも就くでしょうが、故障明けを考慮すれば、本職の一塁を守るのがベター。中田とて、ウカウカしていたら定位置を清宮に奪われ、左翼や三塁に回されてもおかしくありません」

 危機感を抱いた主砲がようやく目の色を変えたというのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    IOCが中止を通知か 東京五輪「断念&2032年再招致」の仰天

  2. 2

    宮崎美子“61歳ピカピカ”ビキニ…美魔女ナイスバディなぜ?

  3. 3

    高級ブランドに匹敵 ワークマンが出してきた本気の機能服

  4. 4

    岩隈引退は「第1弾」…巨人の大リストラがついに始まった

  5. 5

    性急すぎる菅政権 福島原発処理水「海洋放出」決定の大罪

  6. 6

    理想の花嫁・竹下景子に交際疑惑 男がマンションに入り…

  7. 7

    近大・佐藤は抽選確実 クジ運ない巨人が選んだ“外れ1位”は

  8. 8

    東海大野球部“薬物汚染”でドラフト大混乱「指名できない」

  9. 9

    菅政権が「年末年始17連休」正月休み拡大をブチ上げた狙い

  10. 10

    小出恵介も涙…“しくじり芸能人”救う明石家さんまの名言

もっと見る