8得点圧勝も喜べず…スクイズ2度失敗でまたダメ虎ぶり露呈

公開日: 更新日:

「毎試合これだけ打ってくれたらどれだけ楽か……」

 矢野監督がそう思ったとしても不思議ではないだろう。阪神は糸原、マルテ、梅野の3本塁打を含む9安打で大量8得点。投げては先発青柳から救援4人をつぎ込んでの完封リレー。巨人戦3連敗の嫌なムードを吹き飛ばす完勝劇だったが、課題も露呈した試合だった。

 両軍無得点の五回裏、阪神ベンチは無死二、三塁から8番梅野に2ボールからスクイズのサインを出して失敗(ファウル)。二飛に倒れた。ベンチは続く青柳にも1ストライクからの2球目にスクイズを命じたがこれもファウル。結局、青柳は外角のクソボールを振って三振した。その後、近本が申告敬遠、木浪への押し出し四球で阪神は難なく先制。福留が走者一掃の3点適時打でゲームの主導権を握ったわけだが、12球団最少得点(417)が示すようにそもそもが打てないチームだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  2. 2

    阪神の“藤浪コロナ”対応に他球団怒り心頭…開幕さらに窮地

  3. 3

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  4. 4

    国民は干上がる 瀬戸際、正念場が長期戦になった衝撃<上>

  5. 5

    藤浪と同席女性3人も陽性…阪神にコロナ感染者が出た必然

  6. 6

    悪事を重ねて栄転しよう!嘘は一度つくと止まらなくなるぞ

  7. 7

    節酒に禁煙…志村けんさんが8カ月前に語っていた健康管理

  8. 8

    志村けん感染ルートは特定困難…キムタク「BG」も厳戒態勢

  9. 9

    五輪延期とコロナ禍で泣く…ジャニーズと大御所芸人たち

  10. 10

    新型コロナ差別続出 田中・ダル・大谷は米国人の標的に?

もっと見る