U18合宿初日は約20球…佐々木朗希は投げたくてウズウズ

公開日: 更新日:

「腕のしなりもよく、すごいボール。ストレートはこちらが思ったところより、ボール1個分、浮き上がってくるような印象です。フォークは軌道が変化して、いろいろな方向に曲がった。落ち方が一定じゃなく、捕るので精いっぱいでした」

 ブルペンで球を受けた捕手の水上(明石商)が目を白黒させながらこう言った。

 月末から韓国で行われるU18W杯に出場する日本代表合宿が昨22日にスタート。初日から変化球を交えて約20球、投げ込んだのが佐々木朗希(大船渡)だ。「新たなステージに向けて頑張ろうと思った」と、捕手が驚くほど力の入った球を投げ込んだのも当然といえば当然か。

 折しも、この日は夏の甲子園の決勝戦。佐々木は勝てば甲子園という岩手大会決勝戦に投げるどころか出場すらかなわず、かなりフラストレーションをためこんでいたという話もある。本人によれば肩肘は万全。投げたいのに投げられなかった鬱憤を晴らしたいに決まっているし本番はかなり期待してよさそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤優子の私生活は不倫が代名詞に…2度も見事成就させた

  2. 2

    小倉智昭にオファーなし…レギュラー獲得に意欲も空回り

  3. 3

    広島再選挙は野党系リード 菅官邸「負けたら岸田のせい」

  4. 4

    マリエ覚悟の“枕営業”告発…旧態依然の芸能界に風穴なるか

  5. 5

    オリラジ中田も株で億万長者だが…金融庁投資推奨の危うさ

  6. 6

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

  7. 7

    世界が称賛 松山支えたキャディーはゴルフの腕前もピカ一

  8. 8

    和歌山で地震が頻発…本当に南海トラフと無関係なのか?

  9. 9

    小室圭さん“10月婚”に焦り「解決金」決着で共感得られるか

  10. 10

    小宮悦子は2度の離婚で大ダメージ負う…泥沼の不倫裁判も

もっと見る